阪神が6点差をひっくり返す大逆転勝利、楽天はソロ4発で快勝… 5日のセ・パCSは?

阪神が6点差をひっくり返す大逆転勝利、楽天はソロ4発で快勝… 5日のセ・パCSは?

DeNA・ラミレス監督、阪神・矢野監督、楽天・平石監督、ソフトバンク・工藤監督【写真:荒川祐史】

阪神は8回に北條の2点タイムリー三塁打で逆転に成功

 日本シリーズ、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージをかけ5日からセ・パのCS1stが始まった。セ・リーグ3位の阪神、パ・リーグ3位の楽天が共に重要な初戦を制した。

 阪神はDeNAとのクライマックスシリーズ(CS)1stステージ初戦を8-7で勝利。一時は6点差まで開く一方的な試合となっていたが、終盤に脅威の追い上げを見せ8回に北條の2点タイムリーで逆転に成功。下剋上に向け、まず1勝を奪った。

 阪神は敗戦濃厚だった6点を追う7回。代打・木浪のタイムリー、北條の3ランで4点を奪い2点差に詰め寄る。さらに8回2死二塁のチャンスで木浪が右前適時打、なおも2死二、三塁が北條が中越え2点適時打三塁打で逆転に成功した。

 DeNAは7回から登板したバリオス、エスコバー、国吉とリリーフ陣が誤算でまさかの逆転負けを喫した。

楽天は4本のソロ本塁打で快勝

 楽天はソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)1stステージ初戦を5-3で勝利。浅村の2発、茂木の勝ち越しソロなど4本のソロ本塁打で相手エース千賀を攻略し、ファイナルステージ進出に王手をかけた。

 楽天は初回、浅村が2死からソロ本塁打を放って先制に成功。先発の則本昂がその裏に今宮、2回には内川に一発を浴びて2点のビハインドとなったが、そこから怒涛の一発攻勢で試合をひっくり返した。

 3回に先頭のオコエが左翼スタンドへと飛び込むソロ本塁打を放って1点差。5回には浅村がこの日2本目の本塁打となるソロを放って同点に。決勝弾は7回。2死で打席に立った茂木が千賀のストレートを捉えると、打球は左中間のホームランテラス席へ。勝ち越しのソロ本塁打となりリードを奪った。

 ソフトバンクはエース千賀に託した初戦で痛恨の逆転負け。本拠地で今季ワーストの4被弾でチームは日本シリーズ3連覇に向けあとがなくなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)