【MLB 地区S】田中将大またPSで快投、通算4勝目 “超重量打線”斬り「自分にできることはやれた」

【MLB 地区S】田中将大またPSで快投、通算4勝目 “超重量打線”斬り「自分にできることはやれた」

地区シリーズ第2戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

援護にも守られ5回3安打1失点と好投「相手のバランスを崩して気持ちよくスイングさせないことが一番」

■ヤンキース 8-2 ツインズ(地区シリーズ・日本時間6日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は5日(日本時間6日)、本拠地で行われたツインズとの地区シリーズ第2戦に先発し、5回3安打1失点と好投。ポストシーズン(PS)通算4勝目を挙げた。今季、シーズン本塁打記録を更新する307本塁打を記録した“超重量打線”を相手に、味方の大量援護にも守られながらしっかりとゲームメーク。ヤンキースは8-2で快勝し、2連勝で2年ぶりのリーグ優勝決定シリーズ進出に王手をかけた。

 田中は初回、1死一、二塁のピンチを背負うも、今季32本塁打のロサリオをスプリットで一ゴロ併殺打。打線がその裏にエンカーナシオンの左前適時打で先制すると、2回はアラエス、サノーをスライダーで2者連続で空振り三振に斬るなど、3者凡退に抑えた。3回も2三振を奪い、3者凡退。この快投が打線に火をつけた。

 3回、ヤンキースはグレゴリアスの満塁弾など打者12人の猛攻で6安打7得点。30分以上の攻撃の後にマウンドに上がった田中は4回、ガーバーに右前適時打を許するも、アラエス、サノーをスプリットで2者連続空振り三振。5回は3度目の3者凡退として、5回83球(ストライク52球)でマウンドを降りた。

 田中は試合後、テレビインタビューで「自分にできることはやれたかなというふうには思ってます」と納得の表情で話し「相手のバランスを崩して気持ちよくスイングさせないことが一番だと思うので、そういう投球を心がけて投げました」と投球を振り返った。

 ヤンキースとしては2009年以来、田中にとっては初の世界一へ、まずは1勝。またもポストシーズンで勝負強さを見せた右腕は「自分にできること、しっかり準備してどういう形になるかわからないですけど、いつ投げるかも分からないですけど、次呼ばれたときにいつでもいけるようにしっかり準備したいと思います」と前を見据えていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)