【MLB 地区S】前田健太、絶体絶命ピンチの完璧火消しに米実況称賛 「まさにエグイ投球をしている」

【MLB 地区S】前田健太、絶体絶命ピンチの完璧火消しに米実況称賛 「まさにエグイ投球をしている」

地区シリーズ第4戦に2番手で登板したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

8日のナショナルズ戦で3回2死満塁の場面で救援し無失点に封じた前田

■ナショナルズ 6-1 ドジャース(地区シリーズ・日本時間8日・ワシントン)

 ドジャースの前田健太投手が7日(日本時間8日)、敵地で行われている地区シリーズ第4戦のナショナルズ戦に2番手で登板し、3回2死満塁を無失点で切り抜ける好救援を見せた。絶体絶命のピンチを凌いだ日本人右腕に、地元テレビの実況は「ケンタ・マエダがまたやってのけました」と絶賛。ポストシーズンで輝くセットアッパー前田の勝負強さを称賛している。

 最大の見せ場がいきなりやってきた。1-1で同点に追いつかれた3回2死満塁の大ピンチで、ロバーツ監督は先発ヒルを諦め、前田を投入した。

 ケンドリックに対し、鋭いスライダーを投げ込む前田に、全米中継のテレビ局「TBS」で解説を務めるジェフ・フランコーア元外野手は称賛の嵐。

「タフなスライダーを投げ込んでいます。ブルペンからの出番だと全てのボールの威力が増します。速球も時速2、3マイル上がります。スライダーもキレが増しているように感じますね」

 ポストシーズンでギアを上げた前田の力投を高く評価。そして、3球連続のスライダーで三ゴロに仕留めて、ピンチを脱出すると、実況は「マエダがまたも、やってのけました。満塁のピンチでした」と称賛した。

 ガッツポーズを繰り出し、雄叫びをあげた男は4回も続投。ジマーマン、スズキを空振り三振に仕留める。実況を務めたアーニー・ジョンソン氏も「彼はまさにエグイ投球をしています」と、その後の投球も高く評価。テイラーに内野安打を許したが、豪雨の中、シャーザーを中飛に仕留め、無失点に抑えた。

 前田は5回の攻撃で代打を出されて降板。これで3試合連続無失点。この日は20球を投げてストライクは15球。防御率は0.00と無双モードに突入している。

 ドジャースは5回に3番手ウリアス、4番手バエスで計4点を失い勝ち越される。6回にも1点を失い、よもやの完敗。2勝2敗のタイに戻された。敗戦のドジャースで、前田は米国で一人評価を高めている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)