【MLB 地区S】延長で救援登板の元Gマイコラスがサヨナラ呼ぶ快投 「チームのために何だってする」

【MLB 地区S】延長で救援登板の元Gマイコラスがサヨナラ呼ぶ快投 「チームのために何だってする」

8番手で登板したカージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:Getty Images】

延長10回に8番手で登板、僅か10球で3者凡退の圧巻投球

■カージナルス 5-4 ブレーブス(地区シリーズ・日本時間8日・セントルイス)

 カージナルスのマイルズ・マイコラス投手は7日(日本時間8日)、本拠地で行われたブレーブスとの地区シリーズ第4戦で8番手として救援登板。同点の延長10回からの1イニングを僅か10球で3者凡退に抑えた。チームは延長10回5-4でサヨナラ勝ちし、マイコラスはポストシーズン初勝利。対戦成績を2勝2敗とし、リーグ優勝決定シリーズ進出へ逆王手をかけた。

 第1戦で先発して5回1失点の好投を見せていたマイコラスは、4-4で迎えた延長10回にマウンドへ。マーケイキスを中飛、代打・オルテガを右飛、マッキャンを右飛に退けてサヨナラ勝利を呼び込んだ。地元メディア「FOXスポーツ・ミッドウエスト」はツイッターで右腕のコメントを伝えた。

 マイコラスは「アウトを取ること。どんな状況下でもアウトを取らないといけない」と投球を振り返り、「とても面白かったよ。こういう試合はチームのために何だってする」とチーム愛を強調。さらに「僕らは今シーズン、もう後がないときやここ一番の時にベストのプレーができている。僕らの特徴だと思う。だから相手は気を付けたほがいい」と追いつめられた時のチーム力に自信を示していた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)