西武、今年もCS初戦落とす…辻監督は8回捕逸の失点を悔やむ「余分な1点だった」

西武、今年もCS初戦落とす…辻監督は8回捕逸の失点を悔やむ「余分な1点だった」

ソフトBが逆転 CS白星発進

西武、今年もCS初戦落とす…辻監督は8回捕逸の失点を悔やむ「余分な1点だった」

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

8回にセットアッパー平井を諦め平良投入も…逆転許し「これも勉強」

■ソフトバンク 8-4 西武(CS・9日・メットライフ)

 西武がソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージの初戦を落とし、アドバンテージの1勝を含めて1勝1敗のタイとされた。8回にバッテリーミスが絡んで逆転を許し、1点のリードを守り切ることができず。辻発彦監督は「まだタイ。短期決戦なのだから、今日は終わったと考えてまた明日」と切り替えていた。

 2点を先制されたものの、3回には外崎の中越え三塁打などで一気に3点を奪い逆転に成功。6回には山川の左中間への適時二塁打で1点を追加し2点をリードしていたが、7回に先発・ニールがグラシアルに左越えソロを被弾し1点差に迫られた。

 8回にはセットアッパーの平井が連打で1死一、二塁のピンチを招いて降板すると、リリーフした平良が2死一、三塁から代打・長谷川勇に左前適時打を浴び同点とされた。さらに続くグラシアルの打席で森が痛恨の捕逸。三塁走者・周東が生還し、勝ち越しを許した。9回にも3点を奪われ、万事休す。最後はクローザー・森の前に3者凡退に封じられ、初戦を落とした。

 2年連続でCS初戦を落とした辻監督は8回、1死一、二塁で松田宣を迎える場面で「三振を取れるのは海馬(平良)。変化球は松田に持っていかれるかもしれない」と平井から平良に交代。平良は指揮官の期待通り松田宣は三振に打ち取ったものの、続く代打・長谷川勇に同点適時打を浴びた。

 さらに森のパスボールの間に三塁走者・周東がホームに突っ込んだが、平良のベースカバーも一瞬遅れ、勝ち越し点を献上。辻監督は「余分な1点だった。シートノックであれだけやっているのにね。海馬はちょっと(ベースカバーが)遅かったかな」と苦笑い。それでも「これも勉強だから」と次戦以降の奮起を促していた。

 打線は勝ち越しを許した直後の8回、先頭の山川が左翼線への二塁打を放って無死二塁と好機を作ったが、後続が倒れ無得点に終わった。辻監督は「逆転した場面もいいつながりを見せていた。山川はいい内容だったし、全ての打席でいい感じで打っていた」と手応えを感じていたようだった。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)