【MLB 地区S】152キロ剛速球が顔面付近に…日系3世スズキが受けた“衝撃死球”に敵地騒然

【MLB 地区S】152キロ剛速球が顔面付近に…日系3世スズキが受けた“衝撃死球”に敵地騒然

7回に死球を受けたナショナルズのカート・スズキ(右)【写真:Getty Images】

左手付近に当たった剛速球はヘルメットのつば付近にも直撃→途中交代

■ドジャース – ナショナルズ(地区シリーズ・日本時間10日・ロサンゼルス)

 ナショナルズの日系3世、カート・スズキ捕手が9日(日本時間10日)、ショッキングな死球を受けて途中交代した。

 2点を追う7回先頭。94.4マイル(約152キロ)の直球は顔面付近へ向かってきた。左手甲に当たったボールは跳ね返ってヘルメットのつば付近に直撃。そのままベテラン捕手はその場に倒れ込んだ。

 ショッキングな死球に敵地も一時騒然。しばらくしてスズキが立ち上がると、スタンド中から温かい拍手が送られた。スズキはこの死球で交代。代走・ゴメスが送られた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)