【MLB 地区S】カ軍が「記録ずくめの勝利」で優勝決定S進出 球団最多タイの12点差でブ軍撃破

【MLB 地区S】カ軍が「記録ずくめの勝利」で優勝決定S進出 球団最多タイの12点差でブ軍撃破

大勝で地区シリーズを突破したカージナルス【写真:Getty Images】

1回に10得点、3回までに13得点はPS最多得点、モリーナはナ最多の94試合出場

■カージナルス 13-1 ブレーブス(地区シリーズ・日本時間10日・アトランタ)

 ナ・リーグの地区シリーズ第5戦が9日(日本時間10日)に各地で行われ、カージナルスは敵地で行われたブレーブス戦の初回にポストシーズン(PS)史上初となる10得点を挙げるなどして13-1で圧勝。11日(同12日)からのナショナルズとのリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。MLBスタッツなどは、ツイッターでさまざまな記録を紹介した。

 MLBスタッツは「カージナルスが1回に10点を挙げたのはポストシーズン(PS)では1回の最多得点」とした。ESPNスタッツ&インフォは、3回までに挙げた13得点は「PSでの3回までの最多得点記録」と伝えた。

 さらに、MLBスタッツによると、「12点差での勝利は、PSでの球団最大点差タイ記録」で、1982年のブルワーズとのワールドシリーズ第6戦に並び、スコアはいずれも13-1だった。また、PSでの13得点は球団史上2番目で、最多得点は2011年のレンジャーズとのワールドシリーズ第6戦の16点(16-7)とも伝えた。

 また、カージナルスはツイッターで「ヤディ(ヤディアー・モリーナ)はPS94試合出場となり、ナ・リーグで最多出場になった」と伝えた。カージナルス一筋でプレーするプエルトリコ出身の37歳は、また一つ勲章を手にした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)