元オリ監督が評価する19年ドラフト逸材たち 「成長曲線がはっきりイメージできる」

元オリ監督が評価する19年ドラフト逸材たち 「成長曲線がはっきりイメージできる」

ドラ1の大本命とされている星稜・奥川、大船渡・佐々木、明大・森下(左から)【写真:Getty Images】

森脇氏は大船渡・佐々木をドラ1位に推薦「パフォーマンス、スケールの大きさは楽しみでしかない」

 10月17日に今年も「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が開催される。各球団は選手の絞り込み作業に入り大船渡の佐々木朗希投手、星稜・奥川恭伸投手、明大・森下暢仁投手らの動向に注目が集まる。今回、Full-Countでは将来のプロ野球界を支える可能性がある“金の卵”たちをプロ野球OBに独自評価してもらった。まずはソフトバンク、巨人、中日でコーチ、そしてオリックスでは監督を務めた森脇浩司氏。

 今回も楽しみな選手たちが顔を揃えるドラフトになるのは間違いない。各球団の補強ポイント、将来へのビジョンなどで12球団異なる指名にはなるがドラフト1位に関しては佐々木、奥川、森下の3投手が基本線になってくるだろう。

 この3投手はそれぞれに特徴がありレベルの高い、まさに“ドラ1”に相応しい選手だ。だが、私の個人的なドラフト1位となれば大船渡の佐々木を指名する。体のバネ、ポテンシャルの高さを含め将来性は群を抜いている。線の細さなど色々なことを言われているが、体ができた時のパフォーマンス、スケールの大きさは楽しみでしかない。

 育成できる球団があるのか? との意見も聞くがそこは球団の育成力が問われるところ。あれだけの逸材がどのようにプロ野球の道を歩んでいくのか、そして期待感だけじゃなく成長曲線がはっきりイメージできる投手だろう。

 ドラフトでよく使われる言葉が「外れ1位」。これは私の中ではあまり良く思わない、順番が違うだけで実力が劣るわけでない。ここではあえて、もう一人の“ドラ1”として話を進めさせてもらう。創志学園の西、東邦の石川昂弥は素晴らしい選手だ。

 甲子園、U-18侍ジャパンなどでの活躍を今更語ることもないだろう。大舞台での自分たちの能力を発揮し結果を残した高校生だ。自分の全てを表現し気持ち、体力とキャリアを踏んでも得られるものじゃない。西純矢には荒々しさも魅力の一つで投打で活躍した器用さセンスというのは素晴らしい。だからこそ伸びしろは無限大といえるのではないか。石川は木製バットを苦にしないコンタクト、そして長打力は先天性と言われるが、打撃は生まれるものでなく育つものだ。将来的にスケールの大きな打者として期待したい逸材だ。

一芸に長けた選手にも熱視線「ファンの方々も見ていてワクワクする一人ではないだろうか」

 野球の中で重要なポジションは第2の監督とも言われる捕手だ。東海大の海野隆司も球団によっては上位で指名する選手だろう。私が捕手を見る基準として、まず肩はある程度のレベルは欲しい。盗塁など相手の進塁は投手との共同作業だが肩は必須条件だ。リード、ブロッキングなどはキャリアを平行して習得できるが肩と体の強さは中々、育てることは難しい。その点で海野は打撃も含め期待値の高い捕手といえるだろう。

 個人的な楽しみとしては一芸をもった選手にも注目している。総合的な能力は高くなくても飛びぬけた“個性”はチームの中で必要なピースの一つになる。足りないものは後から身につけて行けばとんでもない選手になる可能性を持っているからです。今年ならホークスの周東のような足で侍ジャパンに選出されるような一芸はファンの方々も見ていてワクワクする一人ではないだろうか。

 俊足選手ではないがパナソニックの片山勢三はいわゆる“ぽっちゃり型”のスラッガータイプとして魅力を感じる。プロの世界でも通用している“ぽっちゃり型”には絶対的な共通点がある。それは「柔らかさ」だ。打撃同様守備でもハンドリング、身のこなしなどの柔らかさが必要だ。

 ここに勝負強さが加われば打線の中心としてラインナップに入ることができる。これだけは誰にも負けない、という強い意志を持った選手はプロでも成長スピードは速く活躍する傾向にあるので楽しみでならない。

 全てを網羅しているわけではないですがJR東日本の西田光汰投手、大商大の大西広樹投手、興南の宮城大弥なども非常に楽しみな素材。そして長年プロ野球界に携わった智弁和歌山・中谷仁監督の指導を受け育った黒川史陽内野手は個人的に注目している。

 中谷監督は苦労人であり優れた指導者だ。その指導を受け打撃、守備ともにまだまだ伸びしろのある選手が今後どのように育っていくのか見届けていきたい。

 いずれにしても今後のプロ野球界を背負う選手たちが一体どのチームに入り、どのような歩みを進めていくのか。ドラフトはゴールではなくスタートだ。彼らの行く末をこれからも見守っていきたい。

◇森脇浩司(もりわき・ひろし)

1960年8月6日、兵庫・西脇市出身。現役時代は近鉄、広島、南海でプレー。ダイエー、ソフトバンクでコーチや2軍監督を歴任し、06年には胃がんの手術を受けた王監督の代行を務めた。11年に巨人の2軍内野守備走塁コーチ。12年からオリックスでチーフ野手兼内野守備走塁コーチを務め、同年9月に岡田監督の休養に伴い代行監督として指揮し、翌年に監督就任。14年にはソフトバンクと優勝争いを演じVの行方を左右する「10・2」決戦で惜しくも涙を飲んだ。17年に中日の1軍内野守備走塁コーチに就任し18年まで1軍コーチを務めた。球界でも有数の読書家として知られる。178センチ、78キロ。右投右打。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)