元プロ捕手が評価する19年ドラフトの逸材 大学生捕手の「単独指名もある」

元プロ捕手が評価する19年ドラフトの逸材 大学生捕手の「単独指名もある」

侍ジャパン大学代表にも選出された東海大・海野隆司【写真:Getty Images】

野口寿浩氏は1位指名に奥川を“推薦”「安定感という意味で奥川のほうがいい」

 10月17日に今年も「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が開催される。各球団は選手の絞り込み作業に入り、すでに指名選手を公言した球団もある。大船渡の佐々木朗希投手、星稜・奥川恭伸投手、明大・森下暢仁投手の3人が大きな注目を集めるが、プロはどう見ているのか。今回、Full-Countでは将来のプロ野球界を支える可能性がある“金の卵”たちをプロ野球OBに独自評価してもらった。今回はヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏。

――――――――――

 佐々木、奥川、森下の3人が1位指名で重複すると見られていますが、個人的には高校生ピッチャーなら奥川を推したいですね。佐々木のほうが、将来的にすごいところまでいく素質があるかもしれませんが、安定感という意味で奥川のほうがいいかなと。佐々木はものすごいことにもなるかもしれませんが、育成に失敗すれば全くダメかもしれない。つまり、獲得した球団の育成力にもかかってきます。

 即戦力という意味では、もちろん森下を指名することも考えられます。投げるときに体が開いてしまうのが良くないと見られていますが、そういう投げ方でも、あれだけの球を投げて、あれだけの結果を残している。直そうと思えば直せる部分ですから、それを理由にして指名を回避はしてはいけないと思っています。あれだけの素質を持っているのですから、それができれば1年目から活躍できる投手です。

 絶対的にピッチャーが必要な球団は西武、ヤクルトあたりでしょう。ヤクルトはすでに奥川の1位指名を公言していますが、例えば、創志学園の西純矢は単独1位での指名があってもおかしくない投手です。高校生であれば、興南の宮城大弥、霞ヶ浦の鈴木寛人あたりは外れ1位としてオススメです。鈴木は即戦力というよりも将来性。上背(身長186センチ)があって、今の段階でかなりの球を投げられるタイプは、身体ができてくればすごい投手になるポテンシャルを持っているということ。こういう選手を獲っておいたほうがいい。体ができてなくてあれだけの球を投げられるのですから、1位はなくても2巡目くらいでは消えるのではないでしょうか。あとは、荒削りでありますが、魅力を感じたのは有明の浅田将汰。U-18ワールドカップですごく魅力を感じました。こちらは上位で指名されてほしい投手ですね。

「大学生のキャッチャー3人は面白い存在になる」

 大学生では、日体大の吉田大喜も評価が高いですね。森下と同じように体を開いて投げるタイプとされていますが、例えば去年のヤクルトは上茶谷大河についても同じようなことを言っていましたが、蓋を開けたらDeNAが1位で指名して、1年目から見事に活躍しました。先ほども言ったように、指導したら直せる部分なので、気にする必要はないでしょう、他には、近大の村西良太も層を厚くしたい球団には絶対にオススメです。三振が取れるタイプ。スリークオーターから投げてくるスプリットというのは打ちにくいものです。先発をやっているとのことですが、リリーフなら勝利の方程式に入ってくるでしょう。全員を見ているわけではないですが、社会人ではJR東日本の太田龍も身長190センチと上背があって、個人的には好みの投手です。

 野手では、右の長距離タイプが球界で減りつつある中で、東邦の石川昂弥は貴重な存在です。1位で指名する球団は当然、あるでしょう。近年は右投げ左打ちで多少パンチ力があって、小回りが効くという似たようなタイプの選手が多い。そういう中で、石川は異質な選手として目立っていますね。U-18でも木製バットへの対応力を見せてくれました。甲子園でも、金属バットとはいえ、右中間に完璧に放り込めるバッターはなかなかいません。

 阪神にはオススメですが、同じ三塁手に大山がいるので、ポジション的にどうかというところですね。同じ右の強打者では、履正社の井上広大もいますね。外野の層を厚くしたい球団は指名してもいいのではないでしょうか。

 あとは、私がキャッチャーだからかもしれませんが、大学生のキャッチャー3人は面白い存在になると思います。東海大の海野隆司、東洋大の佐藤都志也、慶大の郡司裕也。守りで勝負するなら海野、佐藤は身体能力が高くて外野もできますし、郡司も打撃がいい。海野は単独指名する球団があってもいいと思いますが、外れ1位で獲る球団はあるでしょう。

 高校生で面白くなりそうなのは、智弁和歌山の東妻純平です。最近トレンドの打てるキャッチャーになれるかなと。守りなら星稜の山瀬慎之助もいいかもしれませんが、総合力で考えると東妻でしょう。例えば、中日、ヤクルトあたりはキャッチャーを獲ってもいい。広島も意外と捕手が少ないですし、DeNAも2人くらい指名してもいいですね。楽天も売り出し中の堀内に続く捕手が欲しいところです。

 キャッチャーは時間がかかるポジションですが、1度ポジションをつかめば長い。その可能性を秘めた選手は獲っておいたほうがいいでしょう。3人の投手に注目が集まる中で、一本釣りに出る球団があるのか、注目ですね。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)