戦後昭和期に日本シリーズで9度対戦した鷹と巨人 巨人が8度の日本一と圧倒

戦後昭和期に日本シリーズで9度対戦した鷹と巨人 巨人が8度の日本一と圧倒

巨人・原監督(左)、ソフトバンク・工藤監督【写真:Getty Images、荒川祐史】

1959年の日本Sは鷹のエース杉浦が4連投4連勝、鶴岡監督は感激の涙

 巨人は1936年から、ソフトバンクの前身である南海は1938年秋シーズンからペナントレースに参加。ともに80年以上の歴史を誇る老舗であり、セ・パ両リーグに分かれてからもたびたび好勝負を演じてきた。

 1950年の2リーグ分立により巨人はセ・リーグ、南海はパ・リーグに属し、レギュラーシーズンでの対戦はなくなった。だが、両者のライバル関係はむしろここからが本番といってもいい。

 分立1年目の1950年はともに優勝できなかったが、翌1951年、巨人と南海はそろってリーグ優勝を飾ったり、日本シリーズで激突した。南海はこの年に本拠地大阪スタジアムが開場。巨人の監督は水原茂、南海は山本一人(のちの鶴岡一人)であった。

 巨人はいきなり3連勝で王手をかけ、1敗ののち第5戦を制して2リーグ分立後初の日本一に輝いた。「別所引き抜き事件」で巨人に移籍した元南海エースの別所毅彦が先発、救援で活躍した。

 巨人、南海は翌1952年もリーグ優勝。日本シリーズで再び対戦するが、巨人が4勝2敗で勝利した。

 1953年の日本シリーズも3年連続で同じ顔合わせとなるが巨人が4勝2敗1分けで勝利。南海は巨人に勝てなかった。

 当時の巨人は千葉茂、与那嶺要、川上哲治、青田昇の強力打線に藤本英雄、別所毅彦、大友工と持ち味の違う3人のエース級投手を擁していた。

 一方、南海はプレーイングマネージャーの山本一人が第一線を退き、飯田徳治、木塚忠助、岡本伊佐美、蔭山和夫の「100万ドルの内野陣」が売り。この4人はすべて30盗塁以上と足を売り物にする機動力野球だった。

 このころからパ・リーグでは元巨人監督の三原脩率いる西鉄が台頭。南海のライバルになる。

南海が5度目の挑戦で巨人を破り「涙の御堂筋パレード」

 次の巨人、南海の日本シリーズでの対戦は1955年。南海は3勝1敗と巨人を追い詰めたが、ここから3連敗。またもや涙をのんだ。

 翌1956年、パ優勝の西鉄が巨人を4勝2敗で破って日本一になっている。

 山本一人監督は足でかき回す「100万ドルの内野陣」では勝てないと判断。野村克也、杉山光平、穴吹義雄、長谷川繁雄らのスラッガーによる「400フィート打線」を組んだ。1958年には立教大学のエース、杉浦忠を争奪戦の末に獲得した。

 1959年、南海は3年ぶりにリーグ優勝し、巨人と日本シリーズで対戦した。南海は巨人を4連勝でスイープ。全試合で杉浦が勝利投手になった。1950年の2リーグ分立以降、南海はここまで5度リーグ優勝したが、日本シリーズでは一度も巨人に勝てなかった。5度目の挑戦でついに巨人を撃破し、鶴岡一人(この年より山本姓から鶴岡姓)監督は感涙にむせんだ。南海は大阪のメインストリート、御堂筋を凱旋パレードして快挙を祝った。

 南海、巨人は1961年にも日本シリーズで対戦。この年に就任した川上哲治監督率いる巨人が南海を4勝2敗で破った。

 1965年から巨人は空前のV9を達成する。南海は1965、66年と日本シリーズで巨人と対戦したが、巨人は両年ともに南海の挑戦を退ける。1973年、南海は久々に日本シリーズに進出。プレーイングマネージャーの野村克也監督の手腕が期待されたが、巨人は4勝1敗で南海を破って9連覇を達成した。

 以後、南海は急速に衰え、日本シリーズでの対戦はないまま1988年をもってダイエーに身売り。福岡に移転した。

 巨人と南海は、立教大学の長嶋茂雄、法政二高の柴田勲ら有望選手をめぐっても争奪戦を繰り広げた。

 2リーグ分立から昭和期の日本シリーズで巨人と南海は9度対戦して、巨人が8度の日本一。通算成績は巨人32勝、南海18勝、1引き分けだった。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)