【ドラフト】ヤクルト高津新監督が星稜・奥川を引き当てる大仕事! 「絶対に引いてやろうと」

【ドラフト】ヤクルト高津新監督が星稜・奥川を引き当てる大仕事! 「絶対に引いてやろうと」

ヤクルトが交渉権を獲得した星稜・奥川恭伸【写真:荒川祐史】

巨人、阪神との争奪戦を制し「ユニホーム着て神宮で投げる姿を想像していた」

 2019年度の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が17日に行われ、星稜の奥川恭伸投手は3球団からドラフト1位指名を受け、競合の結果、ヤクルトが交渉権を獲得した。

 巨人、阪神と3球団が競合するなか高津新監督が大仕事をやってのけた。交渉権を獲得し「どうしてもピッチャーを強くしたいと言った手前、絶対に引いてやろうと。直感で当たったのを引こうと思ってた」と満面の笑顔を見せた。

 新生ヤクルトの目玉としても期待がかかるが「ヤクルトのエースはもちろん、日本を代表するエースになってほしい。2日前に公言したとき、ユニホームを着て神宮で投げる姿を想像していた」と語った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)