【ドラフト】一本釣りは2球団! 広島は森下の単独指名に成功、DeNAは桐蔭学園の森がドラ1

【ドラフト】一本釣りは2球団! 広島は森下の単独指名に成功、DeNAは桐蔭学園の森がドラ1

広島が交渉権を獲得した明治大・森下暢仁【篠崎有理枝】

森下は競合必至と見られていたが、蓋を開けてみれば広島の単独

「2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は17日、都内のホテルで開催され、各球団のドラフト1位指名選手が決まった。大船渡の佐々木朗希投手は4球団競合の末にロッテ、星稜の奥川恭伸投手は3球団競合でヤクルト、東邦の石川昂弥内野手は3球団競合の末に中日がそれぞれ交渉権を確定させた。

 その一方で1巡目指名で見事な一本釣りに成功したのが、広島とDeNAだった。広島は今ドラフトで目玉の1人とされた森下暢仁投手を指名。競合必至と見られていたが、蓋を開けてみれば、指名したのは広島のみ。まさかの一本釣り成功となった。

 ドラフト会場をどよめかせたのは、DeNAだ。佐々木、奥川、森下、石川に注目が集まる中で、地元の桐蔭学園・森敬斗内野手を指名。野球日本代表「侍ジャパン」U-18高校代表のメンバーにも選ばれていた俊足巧打の内野手。意外な一本釣りは驚きを持って受け止められていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)