19日の日本シリーズ第1戦、巨人は山口、ホークスは千賀が先発

19日の日本シリーズ第1戦、巨人は山口、ホークスは千賀が先発

日本シリーズは19日に初戦を迎える【写真:Getty Images, 荒川祐史】】

巨人とソフトバンクによる監督会議で、予告先発採用が決定

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・19日・ヤフオクドーム)

 巨人とソフトバンクが19年ぶりに戦う2019年の日本シリーズは19日にソフトバンクの本拠地ヤフオクドームで開幕する。前日18日に行われた巨人・原辰徳監督とソフトバンク・工藤公康監督による監督会議で予告先発制が採用されることが決定。日本野球機構(NPB)から巨人が山口俊投手、ソフトバンクが千賀滉大投手が先発することが公示された。

 山口は今季26試合登板、15勝4敗、勝率.789、188奪三振、防御率2.91で最多勝、最高勝率、最多奪三振の投手三冠を獲得。阪神とのクライマックシリーズ(CS)ファイナルステージでは第1戦に先発し、8回途中1失点で勝利投手になった。

 千賀は今季26試合登板、13勝8敗、防御率2.79、227奪三振で最多奪三振のタイトルを獲得。楽天とのCSファーストステージ第1戦では7回4失点で敗戦投手、西武とのCSファイナルステージ第3戦では8回2安打10奪三振無失点の快投をみせた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)