7年ぶり日本一を目指す巨人 坂本勇直筆「恩返し」阿部Tシャツで一致団結、一般販売も

7年ぶり日本一を目指す巨人 坂本勇直筆「恩返し」阿部Tシャツで一致団結、一般販売も

主将の坂本勇が文字を書いたTシャツを着用して阿部への恩返しを誓う巨人ナイン【写真提供:読売巨人軍】

19日からソフトバンクと日本シリーズ 坂本の思い「もう一度、阿部さんと一緒に銀座でパレードを…」

 19日開幕の日本シリーズでソフトバンクと激突する巨人は18日、今季限りで現役引退を表明した阿部慎之助捕手のメモリアルTシャツ第2弾「THE LAST RUN」を全員が着用して士気を高めた。1軍選手だけでなく、フェニックス・リーグに参加しているメンバー、ジャイアンツ球場で練習する2、3軍の選手も身に着けた。

 第1弾Tシャツは阿部からチームメートに向け、直筆で「感謝」の文字がデザインされていた。今回はそれに対する“アンサー”として、主将の坂本勇人内野手が「恩返し」と文字をデザインした。

 坂本勇は入団時から阿部に面倒を見てもらい、オフのグアム自主トレも同行して技術と心構えを教わった。阿部から主将の役割を受け継ぎ、チームの中心となった坂本勇にとって、「背番号10」は大きな存在だ。

 第2弾Tシャツは、坂本勇の「日本一になってもう一度、阿部さんと一緒に銀座でパレードをする」というチーム全員の思いが込められた特別なアイテムに仕上がった。

 この日は19日に始まる日本シリーズのため、チームは敵地・福岡へ移動。ヤフオクドームで前日練習を行った。Tシャツを着用している様子は巨人の公式ツイッターやインスタグラムでも紹介されている。

 球団は、22日正午より「ジャイアンツオンラインストア」で販売すると発表(税別5000円)。「アンダーアーマークラブハウス東京ドーム」でも同日以降に販売する予定になっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)