【高校野球】燕ドラ1奥川恭伸の後輩がプロ志願 元侍U15の星稜2年・寺西が「自分も入りたい」

【高校野球】燕ドラ1奥川恭伸の後輩がプロ志願 元侍U15の星稜2年・寺西が「自分も入りたい」

元侍U-15の星稜・寺西成騎【写真:荒川祐史】

奥川は「何でもできる」先輩 中学時代にはU-15日本代表に選出

 17日に行われた「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」では、準優勝した今夏の甲子園でバッテリーを組んだ星稜の奥川恭伸投手がヤクルトから1位、山瀬慎之助捕手が巨人から5位指名を受けた。しかし星稜には来年のドラフトで注目を浴びるであろう俊英がまだまだそろっている。2年の寺西成騎投手は巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏と同じ石川県能美市立根上中学校出身。中学時代はU-15日本代表に選出され、星稜では1年で夏の甲子園に出場した逸材だ。

 2人の先輩の指名を同じ部屋で見届けた寺西の目が輝いた。「やっぱり一緒に野球やってた人たちがプロに入って自分も入りたいという思いが強くなりましたし、より一層頑張ろうという気持ちです」と声を弾ませた。

 昨年の夏、100回大会の開幕戦となった藤蔭戦で甲子園デビューを果たした。4万2000人の観衆がスタンドを埋める中、当時1年の寺西は奥川に代わって9回に登板すると、打者3人を9球で退ける鮮烈デビュー。今年の夏も2回戦で立命館宇治を相手に2番手で登板。優勝した秋の石川県大会でも決勝で2回を無失点に抑えた。

 背中を見続けてきた奥川について寺西は「何でもできる。憧れの気持ちもありますし全ての行動がお手本になる。奥川さんを目指しています」と語る。「考えて練習する、頭を使って野球するというところを学んだ。自分も最近は考えて投げている」と練習から試合まで、真似るところは多い。

 憧れの奥川は2年時からU-18日本代表に選出され、今年の「第29回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」ではカナダ戦で7回18奪三振の快投を演じた。中学時代は侍ジャパンU-15日本代表に選ばれた寺西にとっても意識するところだが「しっかり結果を残せばついてくることだと思います。とにかく自分はチームのために投げて、その結果がジャパンであったりプロの世界を近づけてくれたらいいかなと思います」と目の前の北信越大会、そして来春の選抜高校野球を見据える。

 奥川は3球団競合の末、ヤクルトがドラフト1位の交渉権を獲得。星稜からドラフト1位指名が出るのは松井秀喜氏以来27年ぶりだった。星稜出身のプロ野球選手は2人の指名でちょうど20人に達したが、その数字は来年、塗り替えられるかもれない。(臼井杏奈 / Anna Usui)

関連記事(外部サイト)