阪神が森越祐人内野手に戦力外通告 中日で4年、虎で5年プレー

阪神が森越祐人内野手に戦力外通告 中日で4年、虎で5年プレー

阪神・森越祐人の通算成績

2017年には29試合に出場も、今季は1軍出場機会がなかった

 阪神は19日、森越祐人内野手に来季の契約を結ばないことを伝えたと発表した。森越は名城大から2010年にドラフト4位で中日に入団。14年に戦力外通告を受けると、12球団合同トライアウトを経て同年オフに阪神に入団。17年には自己最多の29試合に出場も、今季は1軍での出場機会がなかった。

 第1次戦力外通告では巨人・森福、ヤクルト・大引、オリックス・成瀬ら実績あるベテラン選手らを含め12球団で計76選手が“非情通告”を受けた。阪神では歳内ら4選手が通告を受けた。

 第2次通告期間はCS全日程終了翌日から、日本シリーズ終了翌日まで。ただし、日本シリーズ出場の2チームはシリーズ終了5日後までが第2次通告期間と設定されている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)