【日本S】第1戦は鷹が5回を終えて1点リード グラシアル2ラン、千賀は1安打投球

【日本S】第1戦は鷹が5回を終えて1点リード グラシアル2ラン、千賀は1安打投球

ソフトバンク・千賀滉大【写真:荒川祐史】

巨人は阿部が先制ソロ、山口俊も5回まで4安打2失点7奪三振と好投

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・19日・ヤフオクドーム)

 19年ぶりに巨人とソフトバンクが戦う日本シリーズは19日、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームで開幕し、第1戦は5回を終えてソフトバンクが1点のリードを奪っている。

 ソフトバンクの千賀、巨人の山口俊が先発した第1戦は投手戦となった。先制したのは巨人。2回1死で、この日「5番・DH」でスタメン起用された阿部が千賀の初球を捉えて、打球は右中間スタンド。今季で引退する阿部のいきなりの本塁打で巨人が1点をリードした。

 3年連続の日本一を狙うソフトバンクはその裏、すぐさま逆転。1死から中村晃が右翼線への二塁打で出塁すると、グラシアルが左中間ホームランテラス席へ飛び込む逆転の2ラン。頼もしいキューバ人助っ人の一振りですぐさま試合をひっくり返した。

 ソフトバンクの千賀は先制点こそ奪われたものの、その後は素晴らしいピッチング。3回から5回までノーヒットピッチングを展開し、巨人打線を阿部のソロの1安打のみに封じている。一方の山口俊も2回に2点を奪われたものの、3回からは4イニング連続奪三振があるなど、3イニング連続で3者凡退に。5回を終えて4安打2失点7奪三振とこちらも好投している。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)