【日本S】鷹グラシアル「少し詰まったけど」逆転2ラン! 阿部のソロで先制許すも、すぐ逆転

【日本S】鷹グラシアル「少し詰まったけど」逆転2ラン! 阿部のソロで先制許すも、すぐ逆転

ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:荒川祐史】

2回に千賀が阿部にソロを浴びるも、その直後に逆転に成功

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・19日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが、ジュリスベル・グラシアル内野手の2ランですぐさま逆転に成功した。19日、本拠地ヤフオクドームで開幕した日本シリーズ。2回に阿部のソロで先制されたソフトバンクだが、その裏、グラシアルが逆転の2ランを放って試合をひっくり返した。

 千賀が阿部にソロを浴びて先制を許した直後、2回裏の攻撃だった。1死から中村晃が右翼線への二塁打で出塁すると、グラシアルが打席へ。1ボールからの2球目は、グラシアルが得意とするインコース。146キロのストレートを弾き返すと、左中間ホームランテラス席へと飛び込んだ。

 1点のビハインドから1点のリードとする一発にグラシアルは「打ったのはストレートだと思います。先制されたけど、すぐに逆転出来て良かった。少し詰まったけど、入ってくれて良かったよ。今日の初戦を絶対に勝ちたいね」と球団を通じてコメントした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)