【日本S】3年連続日本一狙う鷹、すぐさま逆転! グラシアルの左中間への2ランに本拠地大歓声

【日本S】3年連続日本一狙う鷹、すぐさま逆転! グラシアルの左中間への2ランに本拠地大歓声

ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:荒川祐史】

2回に千賀が阿部にソロを浴びるも、その直後に逆転に成功

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・19日・ヤフオクドーム)

 3年連続日本一を狙うソフトバンクが、すぐさま逆転に成功した。19日、本拠地ヤフオクドームで開幕した日本シリーズ。2回に阿部のソロで先制されたソフトバンクだが、その裏、グラシアルが逆転の2ランを放って試合をひっくり返した。

 圧巻の内角打ちで、あっという間に逆転した。2回、千賀が阿部にソロを浴びて先制を許した直後の攻撃だった。1死から中村晃が右翼線への二塁打で出塁すると、グラシアルが打席に立った。1ボールからの2球目は、グラシアルが得意とするインコース。146キロを弾き返すと、左中間ホームランテラス席へと飛び込んだ。

 試合をひっくり返す逆転の2ラン。待望の一発長打に本拠地は一気に大歓声に包まれた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)