【日本S】鷹に待望の追加点! 中村晃が中犠飛、俊足の牧原が生還しリードを2点に広げる

【日本S】鷹に待望の追加点! 中村晃が中犠飛、俊足の牧原が生還しリードを2点に広げる

ソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】

牧原が二塁打で出塁すると、今宮の犠打、柳田の四球、デスパイネの死球で満塁に

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・19日・ヤフオクドーム)

 3年連続の日本一を狙うソフトバンクが、大きな追加点を奪った。19日、本拠地ヤフオクドームで開幕した巨人との日本シリーズ。1点リードで迎えた6回1死満塁塁のチャンスで5番の中村晃が中犠飛を放って、リードを2点に広げた。

 この回先頭の牧原が山口俊から右翼線への二塁打で出塁。今宮が犠打で送ると、柳田が四球で繋ぎ、デスパイネは死球。塁が全て埋まると、このチャンスで打席には中村晃。3ボール1ストライクからの5球目を打ち上げると、中堅への飛球へ。やや浅い飛球だったが、俊足の牧原がスタートを切って本塁へ生還して3点目を奪い取った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)