【日本S】ホークス千賀が7回1失点の好投 日本S3年連続開幕投手の大役果たす

【日本S】ホークス千賀が7回1失点の好投 日本S3年連続開幕投手の大役果たす

ソフトバンク・千賀滉大【写真:荒川祐史】

2回に阿部にソロ許すも、4-6回は3者凡退で退ける

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・19日・ヤフオクドーム)

 19年ぶりに巨人とソフトバンクが戦う日本シリーズは19日、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームで開幕し、ソフトバンクの先発千賀滉大は106球を投げ、7回を3安打5奪三振3四球1失点の好投でマウンドを降りた。

 3年連続で日本シリーズ開幕投手を務めた右腕は1回、3人で退ける上々の立ち上がり。2回1死から阿部に先制の右越えソロ本塁打を許すも、その裏にグラシアルの逆転が飛び出すと、ペースが上がった。

 2四球を与えた3回をしのぐと、4回から6回まで3人で退ける圧巻の投球。7回は2死からゲレーロ、田中俊に連打を浴びて二、三塁とされるも、代打重信を見逃し三振に封じてピンチを断ち切った。

 千賀は7回を投げ切ったところでお役御免。8回からはルーキーの甲斐野央がマウンドに上がった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)