【日本S】鷹、PS9連勝で3年連続日本一に王手! 巨人を圧倒、第1戦から3連勝でV確率87.5%

【プロ野球日本シリーズ】ソフトバンクが巨人に3連勝で3年連続日本一に王手

記事まとめ

  • 福岡ソフトバンクホークスが日本シリーズ第3戦で6-2で巨人を下し3年連続日本一に王手
  • ソフトバンクは第1戦からの3連勝で、クライマックスシリーズからポストシーズン9連勝
  • 日本シリーズで第1戦からの3連勝は17回目で、過去14回は3連勝したチームが日本一に

【日本S】鷹、PS9連勝で3年連続日本一に王手! 巨人を圧倒、第1戦から3連勝でV確率87.5%

【日本S】鷹、PS9連勝で3年連続日本一に王手! 巨人を圧倒、第1戦から3連勝でV確率87.5%

ソフトバンク・工藤監督【写真:荒川祐史】

第1戦からの3連勝は日本シリーズの歴史で過去16回あり、うち14回で日本一に

■ソフトバンク 6-2 巨人(日本シリーズ・22日・東京ドーム)

 ソフトバンクが3連勝で3年連続日本一に王手をかけた。22日、敵地・東京ドームに舞台を移して行われた巨人との日本シリーズ第3戦。先制を許すも、すぐに追いつくと、4回には一挙4得点でリードを広げた。この日も投打で巨人を圧倒する完勝で3連勝。クライマックスシリーズからポストシーズン9連勝で一気に日本一に王手とした。

 初回、先発のバンデンハークが亀井に先頭打者本塁打を浴びたが、それだけではシリーズの流れは変わらなかった。直後の2回にグラシアルがシリーズ2本目となるソロを放ってすぐさま同点に追いついた。3回には2死一、二塁でデスパイネが中前適時打を放って勝ち越しに成功。リードを奪った。

 その裏、亀井の2打席連続本塁打で再び同点とされたものの、4回に一挙4得点のビッグイニングを作った。内川の左前安打、甲斐の四球で好機を作ると、バンデンハークの犠打を巨人3番手の戸郷が三塁へ悪送球。満塁となると、代打の切り札・長谷川勇がキッチリ左犠飛を放って勝ち越し。さらに柳田の押し出し四球、デスパイネの2点適時打で一気にリードを広げた。

 先発のバンデンハークは亀井に2打席連続本塁打を浴びたものの、4回まで4安打6奪三振2失点と粘投。4回2死満塁のピンチを脱すると、5回、6回は2番手石川がパーフェクトリリーフ。7回からは甲斐野、モイネロ、森の必勝リレーでリードを守り抜き、第1戦から3連勝を飾った。

 今季で70回目となった日本シリーズで、第1戦からの3連勝はこれで17回目。過去16回のうち14回で3連勝したチームが日本一になっており、V確率は87.5%だ。クライマックスシリーズ1stステージの第2戦から負けなしの9連勝。4連勝で日本一となれば、史上6度目。ソフトバンクは2011年から中日、阪神(2014年)、ヤクルト(2015年)、DeNA(2017年)、広島(2018年)と打ち破って日本一になっている。1959年以来となる巨人に勝っての日本一となれば“セ界制圧”となる。パ・リーグ2位からの下克上日本一まで、ついにあと1勝となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)