西武・辻監督「まだまだ」の61歳誕生日 日本S出場中に迎えられず「残念かな」

西武・辻監督「まだまだ」の61歳誕生日 日本S出場中に迎えられず「残念かな」

特製のケーキで61歳の誕生日を祝福された西武・辻監督【写真:安藤かなみ】

特製ケーキにご満悦も…「まだまだ。この言葉に全て詰まっている」

 西武の辻発彦監督が23日、24日に迎える61歳の誕生日を前に報道陣から特製ケーキで祝福された。指揮官はチャンピオンロゴと球団マスコットのレオがあしらわれたケーキにご満悦。抱負を問われると、「まだまだ。この言葉に全て詰まっている。チームもまだまだ」と発展途上にあるチームの強化を誓った。

 2年連続でリーグ優勝を果たしたものの日本シリーズ進出を逃し、「(誕生日当日を)日本シリーズで迎えると思っていたから、それが一番残念かな」と悔しがった辻監督。チームはすでに練習を再開しており、「この時期は技術。自分の中で(練習を)やる意識を持ってやってもらわないといけない」とリーグ3連覇に向け始動したナインを見守った。

 10月下旬から始まる秋季キャンプでは若手選手の状態も入念にチェックする。「彼らが本気で上がってくれば、チーム自体も強くなる。競争できる選手になってほしい」と若手の突き上げに期待を寄せていた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)