【日本S】勝てば日本一の鷹、グラシアルが先制3ラン 2戦連発、シリーズ3発目「最高の結果に」

【日本S】勝てば日本一の鷹、グラシアルが先制3ラン 2戦連発、シリーズ3発目「最高の結果に」

ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:藤浦一都】

第1戦、第3戦に続き、4試合で3本目の本塁打

■巨人 – ソフトバンク(日本シリーズ・23日・東京ドーム)

 3年連続日本一に王手をかけるソフトバンクが待望の先制点を奪った。23日、敵地・東京ドームでの日本シリーズ第4戦。4回1死一、三塁のチャンスでグラシアルがバックスクリーン左に飛び込む先制の3ランを放った。このシリーズ3本目の本塁打となった。

 4回先頭の今宮が左前安打で出塁すると、1死からデスパイネが左前安打で続き、1死一、三塁のチャンスを作った。ここで打席にはグラシアルが入った。1ボール2ストライクからの4球目、150キロの真っ直ぐに食らいついてファウルにすると、5球目、6球目の外角へのスライダーを見極めた。7球目。先の2球よりも甘く入ったスライダーを捉えると、打球はバックスクリーン左へと一直線。巨人ファンの悲鳴の中でスタンドへと飛び込み、先制の3ランとなった。

 グラシアルはこの日本シリーズ4試合目で3本目の本塁打。第1戦の逆転2ラン、第3戦の同点ソロに続く2戦連発にグラシアルは球団を通じて「打ったのはスライダー。絶対にランナーを返そうと思って打ちにいった。最高の結果になってくれたし、先制出来て良かったよ」とコメントした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)