【日本S】鷹、球団史上初の3年連続日本一! PS10連勝、工藤監督はシリーズ負け知らず

【日本S】鷹、球団史上初の3年連続日本一! PS10連勝、工藤監督はシリーズ負け知らず

ソフトバンク・工藤監督【写真:荒川祐史】

第1戦からの4連勝は史上6度目、鷹の10連勝は工藤監督就任後最長

■ソフトバンク 4-3 巨人(日本シリーズ・23日・東京ドーム)

 ソフトバンクが史上6度目の4連勝で球団史上初の3年連続の日本一に輝いた。23日、敵地・東京ドームでの日本シリーズ第4戦。4回にグラシアルのシリーズ3本塁打目となる3ランで先制すると、先発の和田が5回1安打無失点と好投した。盤石のリリーフ陣もリードを守り抜いて快勝。工藤公康監督就任後、最長となる10連勝をポストシーズンで達成し、3年連続の日本一に輝いた。

 4回、先頭の今宮が左前安打で出塁。1死からデスパイネも左前安打で続き、1死一、三塁でグラシアルが打席に入った。フルカウントからの7球目、直前の2球で見極めていた外角へのスライダーが甘くなったところを逃さなかった。打球はバックスクリーン左へと飛び込む先制の3ランに。第1戦の逆転2ラン、第3戦の同点ソロに続く2戦連発、シリーズ3発目の本塁打でリードを奪った。

 先発の和田は5回まで巨人打線を1安打無失点に封じる好投。4回2死一、二塁のピンチで丸を見逃し三振に仕留めて、思わず雄叫びをあげた。2番手のスアレスが6回、岡本に2ランを浴びて1点差に迫られたが、3番手の甲斐野が窮地を脱する好救援。相手のミスで7回に1点を追加すると、ドラ1右腕は回を跨いで1回を封じた。7回途中から回跨ぎでモイネロ、守護神の森と繋いでリードを守り抜いた。

 クライマックスシリーズ 1stステージの第2戦から、怒涛のポストシーズン10連勝。工藤公康監督が就任して以降、レギュラーシーズンでも9連勝が最長で工藤体制最長の連勝となった。第1戦からの4連勝で日本一に立つのは史上6度目。球団としては1959年以来、60年ぶりに巨人を破っての日本一で、2011年からの9年間でセ・リーグ6球団全てを破って日本一となり“セ界制圧”を果たした。

 3年連続の日本一は1990年から1992年の西武以来、17年ぶりの偉業。ソフトバンクにとっては球団史上初で、3年連続日本一は巨人、西武、阪急に続く4球団目の達成となった。工藤公康監督は就任5年で4度目の日本一。日本シリーズに出場した年は全て日本一になっており、監督として日本シリーズ負け知らずだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)