【日本S】鷹工藤監督、10度宙を舞う 3年連続日本一に「こんな幸せ者はいない」

【日本S】鷹工藤監督、10度宙を舞う 3年連続日本一に「こんな幸せ者はいない」

ソフトバンク・工藤監督【写真:荒川祐史】

工藤監督は就任5年で4度日本シリーズに出場し、全て日本一に

■ソフトバンク 4-3 巨人(日本シリーズ・23日・東京ドーム)

 ソフトバンクが史上6度目の4連勝で球団史上初の3年連続の日本一に輝いた。23日、敵地・東京ドームでの巨人との日本シリーズ第4戦。4回にグラシアルのシリーズ3本塁打目となる3ランで先制すると、先発の和田が5回1安打無失点と好投した。4-3の1点差で逃げ切って勝利し、第1戦から4連勝。ポストシーズン10連勝で通算10度目の頂点に立つと、試合後、工藤公康監督は選手らの手で10度宙を舞った。続いて孫正義オーナーも胴上げされ、10度宙を舞った。

 工藤監督はお立ち台で「最高の気分です」と声を弾ませた。2年連続でレギュラーシーズン2位で臨んだ日本シリーズ。「僕の力不足で選手に苦労を掛けた。もう一度日本一になって最後に笑いたいと、強い気持ちでやって、選手が10連勝してくれた。こんな素晴らしい仲間と野球ができてこんな幸せ者はいないです」と感激に浸った。

 これで日本シリーズでセ全6球団を倒した。「巨人は強かった。ほんの少しの違いだったと思います。まだまだ強くなれるチームだと思います」。3年連続日本一も通過点か。指揮官は先を見据えていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)