【MLB WS】バーランダーのもの凄いずっこけ動画が話題 送球を足に当てる「ある意味ベストプレー」

【MLB WS】バーランダーのもの凄いずっこけ動画が話題 送球を足に当てる「ある意味ベストプレー」

WS第2戦に先発したアストロズのジャスティン・バーランダー【写真:Getty Images】

あまりの珍プレーに本人も苦笑い、一塁手のグリエルもびっくり…

■ナショナルズ 12-3 アストロズ(ワールドシリーズ・日本時間24日・ヒューストン)

 2019年のワールドシリーズ第2戦が23日(日本時間24日)、ヒューストンのミニッツメイド・パークで行われ、 アストロズは今季21勝(6敗)を挙げたジャスティン・バーランダー投手が先発。4回には“珍プレー”でSNSを沸かせた。「カット4」のインスタグラムではその様子を動画で伝えている。

「このプレーは、もう少して今年のポストシーズンでのベストプレーになるところだった」と添えられた動画では、同点で迎えた4回1死の場面が映されている。打者ジマーマンが放ったぼてぼての内野ゴロを追いかけたバーランダーだったが、芝に足を取られてずっこけ。こけた弾みで横たわったまま一塁に送球しようとするも、跳ね上がった自分の左足にぶつける始末。さすがにいたたまれなくなったのか、バーランダー自身も苦笑いだった。

 エースのなかなか見られない姿に、ファンも笑いが止まらない様子。コメント欄も大いに盛り上がった。

「大笑い」

「このプレーを見て笑い過ぎてしまった」

「面白過ぎる」

「三塁手に任せるべきだったのに」

「このスローにスタットキャスト(MLB公式データ解析システム)を付けてくれ」

「僕の足は小さくてよかったと思える瞬間」

「ある意味ベストプレーだな」

 バーランダーはこの日6回を投げ4失点で降板と、踏んだり蹴ったりな1日となった。チームもその後の継投がうまくいかず2-12で2連敗を喫した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)