西武渡辺GM、FA動向を注視「いろいろ調査している」 鷹福田が行使なら獲得へ

西武渡辺GM、FA動向を注視「いろいろ調査している」 鷹福田が行使なら獲得へ

FA権を持つ西武・秋山翔吾(左)、十亀剣【写真:荒川祐史】

海外FAの秋山、国内FAの十亀には「残ってくれれば」と残留熱望

 西武の渡辺久信球団本部ゼネラルマネージャー(GM)が、FA(フリーエージェント)権を持つ秋山翔吾外野手、十亀剣投手について「今まで一緒にやってきた仲間が出ていくのは寂しい」と残留を熱望した。

 メジャー移籍を目指す秋山は権利行使が決定的。十亀は残留も視野に、他球団の評価を聞く姿勢を見せている。球団はすでに2選手と話し合いの場を設けており、渡辺GMは「FAは選手の取った権利。行使するかは選手が決めるが、残ってくれれば」と選手の権利を尊重しつつ、ラブコールを送った。

 23日にソフトバンクの4連勝で日本シリーズが終了。24日からFA権を持つ選手たちが権利を行使するための期間が始まった。権利行使が可能な期間は土日祝日を除く7日間以内で、今シーズンは11月1日に締め切りとなる。

 西武にとって手薄な外野手陣の補強は急務であり、国内FA権を持つソフトバンク・福田が行使した場合は、獲得に向けて動くと見られている。渡辺GMは「いろんな調査をしています」とニヤリ。リーグ2連覇を成し遂げながら2年連続CS敗退に終わった西武。主力2選手を全力で引き留めつつ、戦力補強にも取り組むオフとなりそうだ。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)