鷹、塚田正義に戦力外通告 日本Sに帯同、3年連続日本一から一夜明けて非情通告

鷹、塚田正義に戦力外通告 日本Sに帯同、3年連続日本一から一夜明けて非情通告

球団から戦力外通告を受けたソフトバンク・塚田正義【写真:福谷佑介】

塚田は2011年のドラフト3位で白鴎大から入団、現役続行を希望

 ソフトバンクは24日、ヤフオクドーム内の球団事務所で塚田正義外野手に来季の契約を結ばない旨を通告した。4連勝で3年連続の日本一を決めた23日の日本シリーズ第4戦から一夜明け、チームが福岡に戻った直後の通達となった。
 
 この日東京から戻り、球団幹部と会談した塚田は「気持ちの整理はついていないです。まだ現役を続けたいと思っています」と語り、現役続行の意向を示し、トライアウトを受けることも視野に入れた。

 古河一高から白鴎大を経て、2011年のドラフト3位でソフトバンクに入団した塚田。右の和製大砲候補として期待され、4年目の2015年にはプロ初本塁打を放ったものの、レギュラー定着には至らず。

 2018年にはシーズン最多の3本の本塁打を放ったが、今季は18試合の出場で18打数4安打1本塁打3打点、打率.222に終わった。プロ通算では74試合に出場し、87打数20安打7本塁打13打点、打率.206だった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)