侍ジャパン初実戦 4番・鈴木の初打席は四球、岸は2回まで無安打無失点…経過詳細

侍ジャパン初実戦 4番・鈴木の初打席は四球、岸は2回まで無安打無失点…経過詳細

侍ジャパンの楽天・岸孝之【写真:Getty Images】

初実戦4番・鈴木誠也は初回四球

 侍ジャパン日本代表は25日、日本ハムとの練習試合(サンマリンスタジアム宮崎)を行った。侍ジャパンは岸孝之投手(楽天)が先発。1番に秋山翔吾外野手(西武)、4番には鈴木誠也外野手(広島)が入った。

 侍ジャパンは初回、日本ハム先発の田中瑛を攻め、秋山の投手強襲内野安打、菊池の左前打、鈴木の四球などで1死満塁の好機を作った。しかし、吉田が遊ゴロ併殺打。無得点に終わった。2回は1死から外崎が四球で出塁。しかし、會澤は空振り三振、源田は投ゴロに倒れた。

 先発の岸はカーブを効果的に使った。初回先頭の石井を四球で歩かせたものの、今井を三飛、松本を三ゴロ、万波を空振り三振。2回は清水、白村、谷内を3者凡退に抑えた。

【1回表】(田中瑛)
秋山 投安
菊池 左安
山田 空三振
鈴木 四球
吉田 遊併殺

【1回裏】(岸)
石井 四球
今井 三飛
松本 三ゴロ
万波 空三振

【2回表】(田中瑛)
浅村 遊ゴロ
外崎 四球
會澤 空三振
源田 投ゴロ

【2回裏】(岸)
清水 右邪飛
白村 二飛
谷内 遊ゴロ(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)