ロッテ三木が右膝手術 「右膝蓋大腿関節軟骨損傷」で試合復帰まで4〜5か月

ロッテ三木が右膝手術 「右膝蓋大腿関節軟骨損傷」で試合復帰まで4〜5か月

ロッテ・三木亮【写真:荒川祐史】

今季は自己最多89試合に出場

 ロッテは25日、三木亮内野手が同日に都内の病院で右膝蓋大腿関節軟骨損傷と診断され、鏡視下右膝軟骨修復術および右膝ガングリオン切除術を受けたと発表した。術後3日後から運動を開始し、ランニングは2か月後。4〜5か月での試合復帰を目標としている。

 三木は今季自己最多の89試合に出場。打率.214、2本塁打、15打点、5盗塁の成績を残していた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)