【MLB】ヤ軍、チャップマン退団ならコール獲得か 米メディア「大金をつぎ込むきっかけ」

【MLB】ヤ軍、チャップマン退団ならコール獲得か 米メディア「大金をつぎ込むきっかけ」

ヤンキースのアロルディス・チャップマン【写真:Getty Images】

昨季は大谷とア・リーグ新人王を争い、第2位に選ばれたアンドゥハーも退団か

 ア・リーグ優勝決定シリーズでアストロズに敗れてワールドシリーズ進出を逃したヤンキース。オフには大規模な選手の入れ替えが予想されるが、ニュージャージー州最大のメディア「NJ.com」は来季に球団から去る、もしくは来季に球団の構想から外れている選手を紹介している。

 去就が最も注目を集めているのは守護神のアロルディス・チャップマンだ。今オフに現行の5年契約をオプトアウト(契約破棄)する権利を持つ。記事では「報道されるところでは、その権利を行使することだろう」と言及。チャップマンの来季年俸1720万ドル(約18億6700万円)が浮くことで、「それにより、ヤンキースはゲリット・コールと契約を結ぶために大金をつぎ込むきっかけが生まれる可能性もある」と予想している。

 チャップマンは負ければ終わりのリーグ優勝決定シリーズ第6戦でアルトゥーベにサヨナラ2ランを被弾。記事では「今季終戦が決まった後、チャップマンは自身とヤンキースの今後に関してコメントを控えた」と伝えている。

 チャップマンの他にはミゲル・アンドゥハー内野手の名前も挙がっている。昨季は大谷とア・リーグ新人王を争い、第2位に選ばれたが、今季は右肩の故障で12試合の出場にとどまった。さらに、離脱中にウルシェラが台頭し、来季のポジション確保が厳しい状況となっている。記事では「おそらく将来ヤンキースでプレーすることはないだろう」と予想。アンドゥハーを放出する場合はトレード相手を探すこととなる。

 ここ100年間の歴史の中で、初めて10年周期でのワールドシリーズ進出を逃したヤンキース。今オフにどのような入れ替えを行うのか注目が集まる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)