侍J秋山、上々のマルチ発進「結果が出ると安心感が出る」 1番・中堅で4の2

侍J秋山、上々のマルチ発進「結果が出ると安心感が出る」 1番・中堅で4の2

侍ジャパンの合宿に臨んでいる西武・秋山翔吾【写真:Getty Images】

日本ハムとの練習試合で「1番・中堅」でスタメン、4打数2安打

 侍ジャパンの秋山翔吾外野手が25日、日本ハムとの練習試合(サンマリンスタジアム宮崎)で「1番・右翼」で先発出場。初回の第1打席で投手強襲内野安打を放つと、5回の第3打席で右前打。4打数2安打と存在感を見せた。「結果が出る方が安心感が出る」と安堵の表情を浮かべた。

 初回。田中瑛の初球を振っていき、投手強襲内野安打とした。「あれはラッキー。投ゴロになっていたら、そこそこ引きずっていたと思う」と振り返ったが、打席前に2番・菊池との決め事をしていたという。「積極的に行こうと話していた。だから初球から振りにいけたのもある」と明かした。

 侍ジャパンの常連で、稲葉監督からリーダー役と期待される。「今日に関しては振りにいく選手が多かった。3打席目のヒットも凡打も悪くなかった」。プレミア12での世界一へ、上々の試運転となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)