侍ジャパン吉田が決勝二塁打「5番はポイントゲッター」主軸で存在感

侍ジャパン吉田が決勝二塁打「5番はポイントゲッター」主軸で存在感

侍ジャパンの合宿に臨んでいるオリックス・吉田正尚【写真:編集部】

日本ハムとの練習試合で決勝適時二塁打

 侍ジャパンの吉田正尚外野手(オリックス)は26日、日本ハムとの練習試合(サンマリンスタジアム宮崎)で「5番・左翼」で先発出場。4回の第2打席で先制の適時二塁打を放ち、主軸打者としての存在感を見せた。「5番ということでポイントゲッターと言われていた。勝ちにつなげられる打撃だったりプレーを、1日1日やっていきたい」と前を向いた。

 オリックスでは主に3番。今季5番を打った試合は1試合もない。「前のバッターの出塁率高いですし、ランナーがいる場面で回ってくるケースが多いと思う。打点も挙げれるように、また実戦の中で結果として出せればいい」と主軸として牽引するつもりだ。

 国際舞台では初対戦の投手と対峙するケースが多い。「受け身にならずにしっかり。今日ファーストストライクちょっと振れなかったですけど、振れる準備をしっかりして、迷わずいきたいなと思います」と積極的な打撃を見せるつもりだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)