【MLB】WS第3戦は連敗スタートのアストロズが先制、2回にレディックが先制打

【MLB】WS第3戦は連敗スタートのアストロズが先制、2回にレディックが先制打

アストロズのジョシュ・レディック【写真:Getty Images】

ア軍は第1戦がコール、第2戦はバーランダー先発も連敗を喫した

■ナショナルズ – アストロズ(ワールドシリーズ・日本時間26日・ワシントンDC)

 アストロズは25日(日本時間26日)、敵地で行われているナショナルズとのワールドシリーズ第3戦の2回、1点を先制した。1死二塁でジョシュ・レディックが左前適時打を放った。2017年ワールドシリーズ覇者のアストロズは第1戦に4-5、第2戦に3-12で敗戦。本拠地で連敗スタートしている。

 アストロズはグリンキー、ナショナルズはサンチェスが先発した第3戦は、アストロズが先手を奪った。1死から6番コレアが二塁打。続く7番レディックが左前に運んで1点を挙げた。アストロズは第1戦でコール、第2戦ではバーランダーと、今季20勝超えの剛腕コンビでまさかの連敗。負ければ王手をかけられる一戦で、まずはリードを奪った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)