西武が今季限りで現役引退の大石達也氏、中田祥多氏のチームスタッフ入りを発表

10年ドラフト1位・大石達也氏が西武ライオンズスタッフに 中田祥多氏はブルペン捕手

記事まとめ

  • 西武ライオンズは大石達也氏がファーム・育成グループスタッフになることを発表した
  • 大石氏は2010年ドラフト1位で入団し、今オフに戦力外通告を受け現役引退を表明
  • 2007年高校生ドラフト6巡目入団の中田祥多氏はブルペン捕手になることも発表された

西武が今季限りで現役引退の大石達也氏、中田祥多氏のチームスタッフ入りを発表

西武が今季限りで現役引退の大石達也氏、中田祥多氏のチームスタッフ入りを発表

西武のチームスタッフへの配置が発表された大石達也【写真:安藤かなみ】

大石氏は6球団競合でドラ1入団、中田氏は捕手として現役12年

 西武は26日、今季限りで現役引退した大石達也氏が球団本部チーム統括部 ファーム・育成グループスタッフに、中田祥多氏がブルペン捕手になると発表した。2010年ドラフト1位入団の大石氏、2007年高校生ドラフト6巡目入団の中田氏はともに今オフに戦力外通告を受け、現役引退を表明していた。

 2人は球団を通じてコメントを発表。大石氏は「しっかりと勉強して、今までとは違った形でチームに貢献していきます」。中田氏は「これからは裏方として、陰ながらチームを支えられるよう頑張ります」としている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)