西武が6投手を米シアトルに派遣 MLB投手も通う話題のトレーニング施設で練習へ

西武が6投手を米シアトルに派遣 MLB投手も通う話題のトレーニング施設で練習へ

西武が6投手を米シアトルのトレーニング施設に派遣すると発表した

齊藤大、中塚、田村、國場、藤田、東野を派遣へ

 西武は26日、齊藤大将、中塚駿太、田村伊知郎、國場翼、藤田航生、東野葵の6投手をワシントン州シアトルのトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」に派遣をすることが決まったと発表した。

 派遣期間は11月4〜29日(米国時間)。「若手投手の育成とチーム強化」と目的としている。現地では、最初の1週間で選手の投球フォームを分析し、各投手に最適なメニューを作成。残りの3週間ではそのメニューを実践し、個々の球速アップなどのレベルアップを図るという。

「ドライブライン・ベースボール」はシアトル郊外にあり、メジャーリーガーの間でも話題になっているトレーニング施設。トレーナーや医師、動作分析の専門家らの下で科学的な指導が受けられ、レッズのトレバー・バウアー投手らもオフに通っている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)