広島野村がFA権行使せず残留、鷹中田が阪神へ移籍 各球団発表、26日のFA、トレードは?

広島野村がFA権行使せず残留、鷹中田が阪神へ移籍 各球団発表、26日のFA、トレードは?

阪神への移籍が決まった中田賢一【写真:藤浦一都】

ソフトバンクの中田は阪神へトレード移籍、通算100勝と実績十分

 広島は26日、野村祐輔投手が国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留することを発表した。

 野村は広陵、明大を経て2011年にドラフト1位で入団。ルーキーイヤーに9勝(11敗)をマークするなど先発ローテに定着し新人王を獲得。2016年には16勝3敗の成績を残し最多勝と最高勝率の2冠に輝いていた。

 今季は18試合に登板し6勝5敗、防御率4.06。通算は172試合に登板し71勝52敗、防御率3.38。来季は先発陣の中心としてペナント奪還を目指していく。

 また、ソフトバンクは中田賢一投手のトレードによる移籍について、阪神と合意したことを発表。中田は2005年にドラフト2位で中日に入団。2013年オフにFA宣言しソフトバンクに移籍し先発ローテションとして活躍。今季は1試合の登板に終わっていた。通算成績は294試合登板、100勝71敗1セーブ16ホールド、防御率3.72。

■セ・リーグ

【広島】
野村祐輔 FA権を行使せず残留

■パ・リーグ

【ソフトバンク】
中田賢一 トレードで阪神に移籍(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)