19年隠れ“タイトルホルダー”は? 広島會澤が得点圏、失策は阪神勢が…【セ編】

19年隠れ“タイトルホルダー”は? 広島會澤が得点圏、失策は阪神勢が…【セ編】

広島・會澤翼【写真:荒川祐史】

塁打で断トツトップは巨人・坂本勇、三塁打は盗塁王の阪神・近本

 プロ野球は圧倒的な力でソフトバンクが3年連続日本一を達成し、全ての日程が終了した。レギュラーシーズンでは西武が連覇、巨人が5年ぶりのリーグ優勝を果たした。各タイトルも決まり巨人の山口俊が15勝、188奪三振、勝率.789で3冠、西武の森友哉が捕手では史上4人目となる首位打者を獲得した。

 ここでは表彰されることはないが、セ・パの各部門のトップ3を紹介していく(規定打席到達者)。次はセ・リーグの隠れた“タイトルホルダー”たち。

【二塁打】
1 中日 ビシエド 43本
2 広島 菊池涼介 36本
3 ヤクルト 山田哲人 35本

【三塁打】
1 阪神 近本光司 7本
2 中日 高橋周平 5本
2 ヤクルト 山田哲人 5本
他2名

 二塁打はリーグ2位の打率.315の中日ビシエドが断トツ。一方、三塁打はルーキーで盗塁王に輝いた阪神・近本が評判通りの快足ぶりを見せつけた。

【塁打】
1 巨人 坂本勇人 319
2 ヤクルト 山田哲人 291
3 DeNA ソト 286

【三振】
1 ヤクルト 村上宗隆 184
2 DeNA 筒香嘉智 141
3 巨人 岡本和真 132

 塁打数とは単打を1、二塁打を2、三塁打を3、本塁打を4として集計した数のこと。巨人の坂本勇は40本塁打にリーグ2位の173安打をマーク。巧打と長打でリーグ優勝に貢献した。三振はヤクルトの若き主砲・村上。2、3位にも4番を務めるDeNAの筒香、巨人の岡本がランクインした。

得点圏打率はセ・リーグでも捕手、広島の會澤が勝負強さを発揮した

【四球】
1 ヤクルト 山田哲人 110
2 広島 鈴木誠也 103
3 DeNA 筒香嘉智 88

【死球】
1 中日 ビシエド 13
2 ヤクルト 青木宣親 11
3 広島 會澤翼 10

 選球眼の高さを発揮した四球のトップはヤクルト山田哲。今季は打率こそ3割に届かなかったが35本塁打、33盗塁と活躍し出塁率も.401と好成績を残した。死球は厳しい攻めを受けたビシエド、ヤクルト青木らが入った。

【犠打】
1 広島 菊池涼介 28
2 中日 京田陽太 24
3 阪神 梅野隆太郎 16

【犠飛】
1 巨人 丸佳浩 7
2 中日 ビシエド 6
2 ヤクルト 雄平 6
他1名

 チャンスを拡大させる犠打では広島の菊池涼。2位には中日の京田と「2番打者タイプ」が上位に。巨人の丸は移籍1年目で犠飛トップとチーム打撃にも徹した。

【得点圏打率】
1 広島 會澤翼 .351
2 中日 大島洋平 .347
3 広島 菊池涼介 .333

【失策】
1 阪神 大山悠輔 20
2 阪神 木浪聖也 15
2 ヤクルト 村上宗隆 15

 勝負強さNo.1は広島の會澤。パ・リーグでは森も得点圏トップだったが“打てる捕手”としてセ・リーグを代表する捕手に。失策は守備範囲の広さなどでも“余分”に付くこともあり数字だけでは評価できないがリーグワーストの失策数を記録した阪神の大山、木浪が名を連ねた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)