広島、今季限りで現役引退の永川勝浩氏、赤松真人氏とコーチ契約を発表

広島、今季限りで現役引退の永川勝浩氏、赤松真人氏とコーチ契約を発表

今季限りで現役引退しコーチ就任が発表された広島・赤松真人【写真:橋本健吾】

永川氏、赤松氏ともに今シーズンで現役を引退していた

 広島は28日、今季限りで現役を引退した永川勝浩氏と赤松真人氏と来季のコーチ契約を交わしたことを発表した。

 永川氏は2002年に自由枠で入団し通算527試合に登板し38勝42敗、165セーブ79ホールド、防御率3.46をマーク。守護神としてチームを支え、今季限りで現役を引退していた。

 赤松氏は2004年にドラフト6巡目で阪神に入団。2008年1月にFA移籍した新井の人的補償としてカープに移籍し通算868試合に出場し打率.249、21本塁打、144打点、136盗塁をマーク。2010年にはゴールデングラブ賞を獲得。2017年には胃がんの手術を受け18年には実戦復帰を果たした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)