日本ハム清宮が右肘を手術し無事終了 来春キャンプでの復帰目指す

日本ハム清宮が右肘を手術し無事終了 来春キャンプでの復帰目指す

日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】

2年目の今季は右手首の骨折で出遅れ、81試合、7本塁打にとどまった

 日本ハムは28日、清宮幸太郎内野手が横浜市内の病院で右肘関節形成術を受けたと発表した。球団によると、手術は無事に終了。リハビリには約3か月を要する見通しで、来年2月の春季キャンプでの復帰を目指すという。

 清宮は2年目の今季、右手首の骨折で出遅れ、81試合に出場、打率.204、7本塁打、33打点にとどまっていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)