侍ジャパン稲葉監督、サード坂本は「意外といける」沖縄合宿スタート

侍ジャパン稲葉監督、サード坂本は「意外といける」沖縄合宿スタート

沖縄で2次合宿に臨んでいる侍ジャパン・稲葉監督【写真:福谷佑介】

全28選手が揃って練習がスタート「いい雰囲気を作れた」

 11月2日(日本時間3日)に開幕する「第2回 WBSC プレミア12」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」は28日、沖縄・那覇市内で2次合宿をスタートさせた。前日27日から日本シリーズに出場していたソフトバンクと巨人の選手たちもチームに合流。総勢28選手が揃い、野手はシートノックやフリー打撃、投手はキャッチボールやサインプレーの確認などで汗を流した。

 沖縄の青空のもとで、声を掛け合いながら、全員が揃っての初練習を行った28人の侍たち。選手たちに声をかけながら練習を見守った稲葉篤紀監督は初日の練習を終えて「全員が揃って、声を出していい雰囲気を作れたと思います。それぞれに伝えたいことを伝えるようにしている。個々に話はしています」と振り返った。

 この日のシートノックでは初めは遊撃手に入っていた坂本勇人内野手(巨人)が、途中から松田宣浩内野手(ソフトバンク)とともに三塁に入った。坂本の三塁起用について指揮官は「シーズン中にも少し話をして、井端コーチからも話してもらった。意外といけるな、と」と語り、サード坂本のプレーに手応えを感じた様子だった。

 坂本のほかにも周東佑京内野手(ソフトバンク)が中堅と二塁、外崎修汰内野手が左翼と二塁を守った。「色んなことを想定して、野手は15人しかいないので、いろいろなところをやれた方がいい。選択肢になる」と稲葉監督。多くの選手に複数ポジションを守れるようにし、不測の事態にも対処できるように準備している。

「プレミア12」までは残る試合は10月31日、11月1日の「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」カナダ代表戦のみ。本大会まで残る時間はあとわずか。限られた中で準備を進めていく。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)