第2次戦力外通告期間が終了 戦力外、引退、トレードなどで新たに32人に動き

第2次戦力外通告期間が終了 戦力外、引退、トレードなどで新たに32人に動き

阪神への移籍が決まった中田賢一【写真:藤浦一都】

楽天今江、巨人マシソンは引退を決断、ホークス中田は阪神へトレード

 プロ野球の第2次戦力外通告期間は28日で最終日を迎え、セ・パ合わせて26選手が戦力外となった。この期間に退団、引退した選手を含めると、パ・リーグ24選手、セ・リーグ8選手の計32選手に新たに動きがあった。

 クライマックスシリーズ終了翌日から始まっていた第2次戦力外通告期間は、10球団が日本シリーズ終了翌日の24日に終了。そして、日本シリーズに出場していたソフトバンク、巨人の2球団は規定で28日が期限となっていた。

 パ・リーグは楽天の今江が現役引退。来季からは育成コーチに就任する。ソフトバンクの中田はトレードで阪神に移籍。日本ハムはハンコックとバーベイトの外国人2選手が退団した。西武2選手、ソフトバンク6選手、楽天6選手、日本ハム2選手、オリックス4選手が戦力外通告を受けた。

 セ・リーグは巨人のマシソンが引退。「プレミア12」と「東京オリンピック」でのカナダ代表ではプレーを続ける。DeNAのソリスと阪神のソラーテはともにシーズン途中に加入したが退団。阪神の森越、広島の長井、船越、庄司、ヤクルトの屋宜は戦力外通告を受けた。

 以下は第2次戦力外通告期間に動きのあった選手。

○パ・リーグ

【西武】2人
中田祥多 戦力外
星孝典 戦力外

【ソフトバンク】7人
岡本健 戦力外
市川友也 戦力外
堀内汰門 戦力外
美間優槻 戦力外
江川智晃 戦力外
塚田正義 戦力外
中田賢一 トレードで放出

【楽天】7人
今江敏晃 現役引退
戸村健次 戦力外
西宮悠介 戦力外
今野龍太 戦力外
西巻賢二 戦力外
耀飛 戦力外
卓丸 戦力外

【ロッテ】0人

【日本ハム】4人
ハンコック 退団
バーベイト 退団
高浜祐仁 戦力外
高山優希 戦力外

【オリックス】4人
黒木優太 戦力外
山崎颯一郎 戦力外
鈴木昂平 戦力外
岡崎大輔 戦力外

○セ・リーグ

【巨人】1人
マシソン 引退

【DeNA】1人
ソリス 戦力外

【阪神】2人
森越祐人 戦力外
ソラーテ 退団

【広島】3人
長井良太 戦力外
船越涼太 戦力外
庄司隼人 戦力外

【中日】0人

【ヤクルト】1人
屋宜照悟 戦力外(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)