鷹の日本一挨拶を“体感” グラウンドレベルの360°カメラ映像にファン感激「最高!」

鷹の日本一挨拶を“体感” グラウンドレベルの360°カメラ映像にファン感激「最高!」

日本一となったソフトバンク【写真:福谷佑介】

まさに日本一を“体感”「360度すげえ」「ようやくきたーー!!」

 ソフトバンクが“日本一挨拶”の様子をグラウンドレベルで撮影した360°カメラの映像を公開し、話題となっている。球団公式YouTubeチャンネルでアップした動画では、360°全ての景色を見ることが可能。まさに日本一を“体感”できる内容となっている。

 ソフトバンクは「ホークス公式 [360]日本シリーズ優勝スタンド挨拶」とのタイトルで3分32秒の映像をアップ。ホークスファンが待つレフトスタンドに向かって、選手と一緒に東京ドームのグラウンドを歩く様子が収められている。左上のボタンを使って、360°全ての景色を見ることが可能。スタンドに向かって挨拶するタイミングでは、柳田ら選手を間近で見たり、選手目線でスタンドを見上げることもできるという贅沢さで、万歳三唱も迫力満点だ。

 これにファンも続々と反応。「ようやくきたーー!!待ってました。泣」「撮影してるヤナちゃんをただひたすら見続ける(笑)」「これ最高! あっちもこっちも見たくて何回も戻したながら見ました」「わけわからず天井ずっと見てた」「360度すげえ」「内川選手に似た僕が画面くるくる回して内川選手を必死に探す」「二保、スアレスww」などとコメントがついた。楽しみ方は人それぞれだったようだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)