DeNA筒香、MLB挑戦表明…一問一答全文「イチローさんや松井秀喜さんの姿から憧れ」

DeNA筒香、MLB挑戦表明…一問一答全文「イチローさんや松井秀喜さんの姿から憧れ」

ポスティングシステムによるメジャー挑戦を正式表明したDeNA・筒香嘉智【写真:佐藤直子】

ドラフト指名からちょうど10年後に米挑戦宣言「ベイスターズはファミリー」

 横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智外野手が29日、横浜市内のホテルで会見を開き、ポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指すことを正式に表明した。約25分間の会見に臨んだ筒香は、時折緊張の面持ちも見せたが、晴れ晴れとした表情。メジャーへの思いと、これまで支えてくれたファンと球団への感謝を口にした。

 今後は球団がポスティング手続きを行った後、交渉を進める予定。それまではDeNAの球団施設等でトレーニングを続ける。

 会見の一問一答は次の通り。

(冒頭挨拶)
 本日はお集まりいただきありがとうございました。私、筒香嘉智は、ポスティングシステムにてメジャーリーグ挑戦することを決めました。

 快くポスティングを認めてくださった横浜DeNAベイスターズの関係者の皆様に心より感謝申し上げます。(一礼)

 出身の和歌山から、横浜高校に入学して3年、ベイスターズに入団して10年、人生の約半分をこの横浜の地で過ごすことができました。優勝はできませんでしたが、クライマックスシリーズ3度、日本シリーズを1度経験することができました。プロに入って、結果が出ず悔しい思いをしたり焦った時期もありましたが、5年目からレギュラーとして試合に出ることができました。プロに入って、いい時も悪い時も、ファンの皆さんの温かいご声援があったから今の自分があると思います。今日はファンの皆さんに御礼をお伝えしたく会見を開かせていただきました。10年間、本当にありがとうございました。(一礼)

 アメリカに挑戦することに決めましたが、僕自身、横浜DeNAベイスターズを遠くから心から応援しています。本日は本当にありがとうございました。

メジャーへの憧れは…「一番はイチローさんや松井秀喜さんのプレーする姿」

――メジャーを目指すきっかけは?

「プロに入る前から、小さい頃からの夢でもあったメジャーリーグに挑戦したいという思いが、僕の中にはずっとありましたので、挑戦したいと決断させていただきました」

――挑戦にあたり相談した人は?

「自分で最終的に決めたので、誰かに相談というより、自分の意志で決めました」

――メジャーとはどんな場所?

「本当に世界の素晴らしい選手が集まっている場所。本当に世界一レベルの高い場所だと思っています」

――球団とファンにメッセージを。

「本当に横浜DeNAベイスターズに入団して10年経ちましたが、昨年もポスティングの話をさせていただいた時も、今年も、快く決断を尊重してくださったことに本当に感謝しかありません。ファンの方は、もちろんプレーする中でいい時、そうじゃない時もありましたが、毎日変わらず熱いご声援をいただいきました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」

――メジャーへの憧れは?

「一番はイチローさんや松井秀喜さんのプレーする姿を小さい頃にテレビで拝見し、だんだんとメジャーリーグへの憧れが強くなりました」

――メジャーでどういう姿を見てもらいたいか。

「これまでと変わらずチームの勝利に必死になって貢献する姿を見ていただきたいです」

――WBCなど国際大会でメジャー投手と対戦して、どういう形で自分の打撃が通用すると感じたか。

「まだメジャーリーグを経験したことがないので、どうなるか正直分かりませんが、自分の持っている力を最大限に出す準備を変わらず続けて、思い切って挑戦したいと思います」

パワー打者として米挑戦「自分の引き出しの中で柔軟に対応していきたい」

――球団と話をする中で重視したいポイントは?

「まだ具体的に決まっていないですし、今日決断を発表させていただいて、これからもう少し考えていきたいと思います」

――憧れが具体的な目標になった時は?

「野球を始めて、メジャーリーグへの憧れが出た頃から、ずっと正直プロに入ってからも、もちろんベイスターズの選手でしたのでベイスターズの勝利のために全力でやってきましたが、ポスティング、FAなどいろいろな段階がある中で、現実的にメジャーというものが近くなって来た時に、やっぱり行きたいなという思いになりました」

――これからも少年野球の未来に対して働きかけていくのか。

「僕も野球界に育てていただきましたし、野球界のために何か還元したい、未来ある子供たちのために野球界がよりよくなるためにやらせていただいていますが、それは今までと変わらずにやっていく方向です」

――メジャーで何か学びたいことは。

「ドミニカ(共和国)、アメリカとオフシーズンに何度か行かせてもらっていますが、シーズン中は自分のプレーが一番で、チームのためにということが一番。オフになれば、自分でできることはいろいろ学んで発信していきたいと思います」

――パワー打者として勝負する。

「それも正直、試合に入ってみないと分かりませんが、いろいろな想定をして、いろいろな準備をして、そこから自分の引き出しの中で柔軟に対応していきたいと思います」

――毎年打撃フォームを修正してきたが、メジャーを意識したものか。一番対戦したい投手は?

「フォームが変わるのは、僕自身常に進化していきたいという思いがあって、アメリカのためではなくて、ベイスターズのためによりよい成績を残して、チームに貢献するために進化する目的。対戦したい投手に関しては、まだチームも決まっていないですし、どのリーグかも分からない状況なので、答えられません」

ドラフト指名から10年「ファンの方、そして僕の成長に携わっていただいた方々に感謝の気持ち」

――パットンが打撃は太鼓判を押していたが、守備面について。

「もちろん野球ですので、守備も走塁もバッティングも全部が大事。僕が評価することはできないけれど、精一杯これからもやっていきたいと思います」

――ちょうど10年前の10月29日がドラフト指名の日。10年の区切りに思うこと。

「一番はファンの皆様が横浜スタジアムをこれだけ毎試合満員にして下さる中でプレーできる幸せというのは感じていますし、ファンがいなければ今の自分はない。ファンの方、そして僕の成長に携わっていただいた方々に感謝の気持ちしかないです」

――侍ジャパンへの思い。

「やっぱり日本のトップチーム、侍ジャパンで試合をやるのは本当に大変光栄なことですし、野球界のためにも大事なことだと思います。もちろん貢献したい気持ちはあります」

――ベイスターズでの一番の思い出と一番思い出に残るホームランは?

「一つには絞れません(笑)」

――ベイスターズの後輩にどんなメッセージを伝えたのか。

「お伝えできないこともありますが、本当にベイスターズというチームはファミリー、家族ですので、みんながみんなのことをグラウンドに入れば思いやって、1試合を勝つための苦労をみんなが感じています。みんなが助け合いながら、時には厳しい目を持ってやってほしいと伝えました」

――ヤンキースvsアストロズ戦を現地観戦。どんな印象を得たか。

「本当に素晴らしい雰囲気だなというのが一番ですし、選手のみなさんを見ていて、レベルの高い場所だと感じました」

――最も感謝している方は?

「僕の中では、1人の方だけでは、もちろんここまで来れていない。本当に周りの方に恵まれ、色々な方に支えられてきましたので、この方だけとは言えません」(佐藤直子 / Naoko Sato)

関連記事(外部サイト)