侍J撃破へ意欲を燃やすベネズエラ代表の日本人トレーナー「東京五輪の出場権を」

侍J撃破へ意欲を燃やすベネズエラ代表の日本人トレーナー「東京五輪の出場権を」

ベネズエラ代表の日本人トレーナー本間敬人氏【写真:本間敬人】

本間敬人氏はプレミア12ベネズエラ代表のチームスタッフとして参戦「これ以上に光栄なことはない」

 11月に行われる「第2回 WBSC プレミア12」で、ベネズエラ代表のチームスタッフとして世界の頂点を目指す日本人トレーナーがいる。本間敬人氏。現在、ドミニカ共和国にあるMLBフィリーズのアカデミーでトレーナーなどを務めている37歳の本間氏は、かつてベネズエラのウインターリーグで07-08年から17-18年シーズンまで計11年間勤務。その実績が買われ、今回ベネズエラ代表の一員としてチームに加わった。

「ずっとベネズエラの野球に携わっていましたし、本当にこれ以上に光栄なことはない。チームの目標はプレミア12優勝と、来年の東京五輪の出場権を獲得すること。トレーナー業だけでなく、キャッチボール相手やバットボーイ、通訳まで何でもして、チームをサポートできるように頑張りたいです」

 オープニングラウンドでは台湾で開催されるグループBに入り、5日に行われる初戦で日本と対戦するベネズエラ代表。チームは10月19日からメキシコのプエブラで合宿を行っており、同26、27日に行われたメキシコ代表との練習試合は初戦は0-2で敗れたが、2戦目は9-4で勝利。チームは29日にメキシコでの合宿を打ち上げ、台湾に向かう予定で、本間氏は「将来性のある若手と経験のあるベテランがうまく融合しており、チームはいい感じでまとまってきている」と、手応えを感じているという。

 本間氏は高校卒業後、米国の大学に入学。野球部のトライアウトを受けたが、合格できず、自身も肩や腰をケガしていたことから「スポーツに関わる仕事で選手を助けたいと思った」と、選手としての道を諦め、トレーナーになることを決意。大学でアスレチックトレーニング、ストレングスコンディショニングを学んだ。

 ベネズエラとの縁は、05年にロイヤルズのスプリングトレーニングでインターンとして働いている時にベネズエラ人選手と知り合ったことがきっかけだった。「米国の野球界には中南米出身の野球選手がたくさんいるので、こっちで野球の仕事に携わるためにはスペイン語が必要だと気付いたんです」。その後、スペイン語を勉強。リハビリを担当していた別のベネズエラ人選手からウインターリーグのチームでの仕事を紹介され、夏は毎年メジャー傘下のチームでトレーナーを務める傍ら、07年からは毎年冬のシーズンもベネズエラでトレーナーを務めるようになった。

「アメリカ人の選手と中南米の選手との間には距離感がある。でも自分はアジア人なので、その間にうまく入り込めた。ラテンアメリカはまだまだ発展途上で、その良さを感じていたし、伸びしろがあると思った。そして、同じ外国人としてアメリカに来ている彼らを助けたいと思ったんです」

治安最悪ベネズエラでは盗難は日常茶飯事、ゲリラ銃撃戦も「ビノ・ティントの一員として頑張りたい」

 仕事を離れれば、ウクレレを手に歌声を披露する趣味を持つ本間氏。ベネズエラのウインターリーグではオールスターや公式戦で試合前に国歌斉唱を務めたことも何度もある。トレーナーの仕事は長時間に渡り、苦労も多いが「ケガから復活した選手が試合で活躍して『ケイト、ありがとう』って言ってくれる時が一番嬉しいですね」と、やりがいを語る。ベネズエラの治安は悪く、遠征に向かうバスがゲリラの銃撃戦に巻き込まれ、銃弾で窓ガラスが割れ、同乗していた選手がケガを負ったことも。仕事で使うパソコンや薬、ハサミ、爪切りなどの盗難も日常茶飯事で、近年は経済状況の悪化に伴い、食料の調達にも苦労しているが、それでもラテンの野球をこよなく愛し続けている。

 12-13年、13-14年には所属していたナベガンテス・デル・マガジャネスでウインターリーグ優勝も経験。ベネズエラ代表として、中南米各国のウインターリーグ王者の頂点を決めるカリビアンシリーズにも2度出場した。そして、今回は3度目のベネズエラ代表。日本で行われるスーパーラウンドに進出すれば、東京五輪出場も近づいてくるだけに、まずはオープニングラウンド突破に全力を注ぐ。

「日本を離れて長いので、日本の選手は名前すら知らない選手もいます。自分は日本人ですが、今回はベネズエラの代表の一員なので、日本戦も全力で勝ちにいきます。でも、日本とベネズエラの両国がスーパーラウンドに進めることを願っています」

 チームにとって誤算だったのは、代表のスタッフらが、本間氏が台湾でも通訳ができると思っていたことだという。「中南米の人たちは、日本も中国も台湾も同じ国だと思っていて、言葉が違うことを知らない。だから、てっきり僕の話す言葉が台湾でも通じると思っていたらしいんです。でも、さすがに中国語までは話せません」。日本語、英語、スペイン語を流暢に操る本間氏も、これには苦笑いだ。

 ベネズエラは現在、政治的な混乱が続き、深刻な経済状況の中にある。それだけに、選手たちは野球で母国に明るいニュースを届けたいという思いに燃えている。壮行会ではカルロス・セベーロ監督が「3500万人のベネズエラ国民、そして子供たちの思いを胸に、戦っていこう。野球の代表チームとして、政治とは切り離して頑張っていこう」と話をしたといい、本間氏も「国がこういう状態なので、代表=国と思われている部分もあるが、この代表チームはそうではない。勝てば政府が野球を利用してくる可能性もあるが、スポーツと政治は別。ビノ・ティント(スペイン語で赤ワインの意味。ベネズエラ代表の愛称)の一員としてしっかり頑張りたい」と熱く語る。

 今大会、北中南米各国の中で最上位の国には東京五輪出場権が与えられる。本間氏は「東京五輪出場が決まったら、もちろんフィリーズの仕事を辞めてでもベネズエラ代表として日本に行きたい。五輪に行ける人なんてなかなかいませんからね」と、ベネズエラ代表の一員として東京五輪で日本に凱旋できる日を楽しみにしている。(福岡吉央 / Yoshiteru Fukuoka)

関連記事(外部サイト)