元日ハム・バース、ブルージェイズへ移籍 MLB公式「昨季球速はキャリアハイ」

元日ハム・バース、ブルージェイズへ移籍 MLB公式「昨季球速はキャリアハイ」

ブルージェイズへの移籍が発表されたアンソニー・バース【写真:Getty Images】

昨季シンカー、フォーシームの平均球速153.4キロはキャリアハイを記録

 ブルージェイズは29日(日本時間30日)、元日本ハムのアンソニー・バース投手を獲得したと発表した。同投手はマリナーズの40人枠から外され、ウエーバーにかけられていた。

 31歳のバースはレッズで今季開幕を迎え、傘下3Aルイビルで19試合登板、防御率2.21。5月にマリナーズと契約し、44試合登板し、2勝4敗5セーブ、防御率3.56をマークした。

 MLB公式サイトは「ブルージェイズは火曜日にブルペン強化のために小さな動きをし、マリナーズからウエーバーにかけられた右腕アンソニー・バースを獲得した。この動きにより、ブルージェイズは右腕ライアン・ダルを40人枠から外した」とレポート。さらに、「パドレス、レンジャーズ、カブス、アストロズ、マリナーズでプレーしたMLB歴8年のベテランのバースは、昨季球速が上がった。スタットキャストによると、シンカーと直球は平均95.3マイル(約153.4キロ)であり、キャリアハイとなった。31.1%の割合で投げるスライダーは被打率が.136であった」と伝えた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)