燕が強力助っ人獲得、FA2選手が残留表明…各球団発表、30日のFA、契約、引退は?

燕が強力助っ人獲得、FA2選手が残留表明…各球団発表、30日のFA、契約、引退は?

ヤクルトが契約合意したアルシデス・エスコバー【写真:Getty Images】

西武はマーティンのウエーバー公示手続きを申請

 ヤクルトは30日、ホワイトソックス傘下3Aシャーロットのアルシデス・エスコバー内野手と契約を締結したことを発表した。背番号は「2」。

 メジャー通算1437試合出場、5307打数1367安打、442打点、打率.258を誇る堅守の遊撃手は、2014年にロイヤルズで青木宣親外野手とともにワールドシリーズに進出。翌15年にゴールドグラブ賞を受賞し、ア・リーグ優勝決定シリーズではMVPに輝くなど、ワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。

 西武は十亀剣投手がFA権を行使して残留することを表明。複数年契約となる。一方、ロッテの益田直也投手はFA権を行使せずに残留することを記者会見で明かした。

 DeNAはエディソン・バリオス投手と来季の契約を結ばないこと、西武はカイル・マーティン投手のウエーバー公示の手続きを29日に申請したことを発表。ロッテは阿部和成投手が今季限りで現役を引退し、今後は2軍チームスタッフ(2軍サブマネージャー)となることを発表した。11月1日から業務に携わる予定となっている。

■セ・リーグ

【DeNA】
エディソン・バリオス投手 来季契約せず

【ヤクルト】
アルシデス・エスコバー内野手 契約締結

■パ・リーグ

【西武】
十亀剣投手 FA権を行使して残留
カイル・マーティン投手 ウエーバー公示の手続き申請

【ロッテ】
益田直也投手 FA権を行使せず残留
阿部和成投手 引退→2軍サブマネージャー(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)