西武秋山とDeNA筒香がMLB挑戦を表明も…海外FAとポスティングの違いは?

西武秋山とDeNA筒香がMLB挑戦を表明も…海外FAとポスティングの違いは?

MLBに挑戦することを表明したDeNA・筒香嘉智(左)と西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】

秋山は海外FA権を行使、MLB30球団とNPB12球団と交渉が可能

 10月29日、西武の秋山翔吾外野手と、DeNAの筒香嘉智外野手がともにメジャーへの挑戦を表明した。しかし2人の移籍の方法は異なっている。

 秋山は「海外FA」での移籍を目指す。海外FAは「フリーエージェント=FA」の1つだ。FAは入団した選手が一定年限、定められた期間以上1軍で選手登録されることで発生する権利だ。FA年限を満たした選手は、12球団すべてと自由に交渉することができる。FA年限は、2007年以降に入団した選手の場合、高卒は8年、大卒、社会人は7年となっている。

 FA権はMLBで確立された。MLBのFA権は定められた年限に達すれば自動的に全選手に与えられるが、NPBのFA権は「FA宣言」をした選手のみが行使できる。海外FAは、取得年限が高卒、大卒、社会人とも9年となる。海外FA権を取得すると、MLB球団とも交渉が可能になる。同時にNPB球団との交渉も可能だ。今年の秋山はNPB12球団、MLB30球団と交渉することができる。

 NPBの国内FAでは、年俸が高い選手が移籍する場合は移籍元球団は移籍先球団に、金銭補償、人的補償を求めることができるが、海外FAでは原則として移籍元のNPB球団はMLB球団に対し移籍の補償を求めることはできない。

筒香はポスティング、現在は獲得の意思を示した全球団と交渉可能に

 筒香嘉智は「ポスティングシステム」での移籍を目指す。ポスティングシステムは、主としてFA年限に達していない選手が、MLB移籍を希望する場合、所属球団の承認を得て行使する。

 ポスティングシステムでの移籍を希望する選手名は、NPBのコミッショナーからMLBのコミッショナーに通達される。選手を獲得するMLB球団は、移籍元のNPB球団に「譲渡金(ポスティングフィー)」を支払わなければならない。

 従来は譲渡金の金額で移籍球団が決まった。ポスティングとは「入札」という意味だが、文字通り譲渡金の入札だった。かつては5000万ドル以上の高額で落札されるケースがあったが、2013年からは上限が2000万ドルと決められていた。しかし、2018年オフからは譲渡金は、契約金総額に応じて決めることとなった。

 契約金総額が2500万ドル以下の場合、譲渡金はその20%、2500万〜5000万ドルの場合、譲渡金はその17.5%、5000万ドル以上の場合、譲渡金はその15%となっている。

 選手はMLBコミッショナーが選手名を告知してから30日間、入札の意思を示したすべての球団と交渉できることになった。従来は単純な「譲渡金の金額」で交渉権が決まったが、現在は様々な条件面を比較して球団を決めることができる。秋山も筒香も、MLB移籍までにはまだ紆余曲折がありそうだ。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)