元オリ大島氏、11人の選手と新米監督がスタートした地域球団の今 「チームは生まれたばかり」

元オリ大島氏、11人の選手と新米監督がスタートした地域球団の今 「チームは生まれたばかり」

硬式野球部「イートファクトリーベースボールクラブ」で監督を務める元オリックスの大島公一氏【写真:橋本健吾】

11月10、24日には第3回セレクションが日本生命グラウンドで開催

 元近鉄、オリックス、楽天で活躍した大島公一氏が監督を務める硬式野球部「イートファクトリーベースボールクラブ(愛称:満マルビリケンズ)」が結成から7か月を過ぎた。野球への情熱を諦めることができない11人の“精鋭”たちを指導し公式戦にも出場。自身初の監督業をスタートした“大島監督”に1シーズンを振り返ってもらった。

「仕事と野球を両立させるのは正直、選手たちは大変だったと思う。ここまでよくやってくれたと思います。でも、まだまだ生まれたばかりのチーム。収穫もありましたが課題も多い」

 昨年11月にトライアウトが行われ16人が合格(のちに11人に)。入社手続きなどを経て本格的にチームがスタートを切ったのは今年4月だった。選手層は幅広く社会人野球経験者、大卒、高卒などのメンバーが働きながら野球を続けている。

 午前に練習を行い、午後からは「イートファクトリー」が展開する飲食店で働く。練習場所の確保、練習試合の相手探し、野球道具の移動、広報活動などはメンバーが行い、時には大島監督もチームのために動くこともあるという。公式戦を含めここまで7試合を戦い2勝5敗、強豪チームにはコールド負けを喫することもあったがチームはスタートを切ったばかりだ。

「まだまだ、上を目指すには全てハードルが高いの事実です。チームは生まれたばかりの状態で、ポジション的な課題もある。どうやったら勝てるかじゃなく、今は選手一人ひとりをどうやれば表面化できるかですね」

ノッカー、打撃投手、グラウンド整備、ボール拾い…試合では三塁コーチを務めながらサインを出す

 練習ではノッカー、打撃投手、グラウンド整備、ボール拾いをこなし、試合になれば11選手しかいないため、三塁ランナーコーチに自ら立ちサインを出す。プロ野球で活躍しコーチまでも務めた男をここまで動かすものは何なのか。

 「昔に比べ社会人野球の数も減って、野球をやりたくてもできない人たちも多い。情熱を持って仕事と野球を両立できる人たちの役に立てれば。簡単なことではないですが、共にそれを乗り乗り越えていきたい。我々のチームは地域球団ですから皆様の“承認”と、そしてチームの“勝利”を求めて少しでもそこに近づけるように頑張っていきたいですね」

 11月10、24日には第3回セレクションが日本生命グランドで行われる。年齢制限は設けておらず野球への思いがあれば全ての選手を大島監督がチェックする。

「まずは遊び感覚でもいい。もう一度、野球に挑戦したい、まだまだ野球を続けたい選手たちを待っています。来年の目標は公式戦で初勝利すること。一歩ずつ全員で前に進めていければ」

 新球団で初めて監督を務める大島氏の挑戦はまだ、始まったばかりだ。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)